銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

fILOFAX ユニオンジャック A-5 :第2章 1年後

このデザイン、どこに持って行っても目立つ!


fILOFAX ユニオンジャック 1年後 (1)



職場の会議に持って行っている。
これと対照的な、漆黒のモンブランNo.149が映える。
ペンケースは、黒の北欧の匠 ハンス・オスターだ。


神妙な顔で、会議をする院長、所属長や役員の前で
ドーンとテーブルに置いて、無造作に広げるのが大好き。


「さぁ、会議・・・・始めましょうか?」


って、気持ちになる。


周囲が私をどう見ているかは
全く分からないが、非常に面白い。
モチベーションを上げてくれる。



fILOFAX ユニオンジャック 1年後 (2) fILOFAX ユニオンジャック 1年後 (3)



無地のA5用紙を購入して、議事録をプリント。
会議用にしている。
右側のみの使用とやや贅沢だ。

左側は、リングに干渉するのが嫌。
速く書きたいので、右側使用。


贅沢に使用しているので、
安価な無地を購入、プリントしている。


しかし、万年筆とは相性の良いのを。


ダヴィンチのA5無地。
薄くてかさ張らず、裏移りも少ない。
100枚パックのお徳用だ。



fILOFAX ユニオンジャック 1年後 (4) fILOFAX ユニオンジャック 1年後 (5)



1年間の使用で、裏表紙が少し禿げた。
革にユニオンジャックがプリントしてあるので、
禿げたところから、白い地肌が。

赤とブルーのど派手な手帳だけに
少々目立つが、裏表紙だ。
気にせず使っていきたい。




オリジナル The Original A5 ジャック Jack ファイロファックス システム手帳 filofax【楽ギフ_包装】

価格:18,980円
(2016/6/6 13:48時点)
感想(4件)











いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。






  1. 2017/05/29(月) 00:00:00|
  2. 手帳(システム)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

余録120 萬年筆奇譚 第4章 疑惑篇1節

リムジンが名取邸に到着すると、門が自動で開く。
大きな和風母屋の横を抜けて離れに停まる。


「後で食料を届けさせて」

「かしこまりました」


そう言い残して運転手はリムジンを母屋に向け走り去った。


「さあ、3人とも入って」


外観は和風の離れだが、内装は大理石が敷き詰められた高級洋式だった。


100畳は超えるであろう大きなリビングに通されると、
巨大なワインセラー。隣の冷蔵庫にはビール等がびっしり並べられていた。


「さぁ、上着なんか取って」


大下が声を出す。


「君は凄いなぁ」


口をずっと開きっぱなしていた水男が言う。


「凄いのは私じゃないわ。パパよ」


「なるほど。うちの企画開発の人間が君たちに熱を上げるのが分かった」


英子を物にしたなら、ラミー電気を手にできる。
技術者なら社の技術者も束ねられるだろうし、知識もある。
そう言いたかったが、水男は飲み込んだ。


「これからは英子と悦子と呼んで」


ワインセラーから白ワインを出しながら、悦子がささやく。

グラスに注ぎ、ワインを飲んでいると
女性達が食料と水を運び込んでくる。

英子は、食料をテーブルに並べさせると、
絶対にこの離れに近づくなと、きつく言う。

女性達は頭を下げ、山城達を見ることなく立ち去った。


「これで、邪魔は入らないわ。朝まで楽しみましょう」


最初は青臭い会話も、酒が回ってくると、
英子は本性を剥き出しにしてくる。

山城は英子を抱えるとリビング横の寝室にドアを蹴って入る。
水男はさらに奥の寝室に悦子の手を引いた。

英子がぐったりしてから山城はリビングに戻り、水を飲んでいると
悦子がよろよろ入ってくる。


英子とは異なりスリムでエキゾチックな顔は、
どこかプライドの高そうな雰囲気がする。
小ぶりな乳房が少し遠慮深い。

山城の体を見た悦子が挑んできた。


英子の寝ている横に悦子を放り出す。

悦子が狂ったような声を上げて気を失ったとき、
空は少し明るくなってきていた。

代わりに起き出し、山城の下腹部を見た英子は
両手を口に当て、目を大きく見開いて


「どうなっているの?」


と、つぶやき体を預けてくる。


それから何回か同時に相手をして、
二人は仰向けになり白い腹が上下する以外動かなくなった。
隣の部屋では水男が毛布を被って眠りこけている。

山城は身支度をすると離れを出て行った。


もう、昼を過ぎた渋谷は日差しがまぶしく、
まだ暑さが残っていた。


タクシーで帰宅した山城は、
シャワーを浴びラフなトレーナー姿でブラックコーヒーをカップに注ぎ
モレスキン紙片を見つめながら飲んだ。

ソファーに座っているうちに深い眠りについてしまう。






泳いでも泳いでも、黒い海の水が襲いかかり、
なかなか岸にたどり着けない・・・・・嫌な夢を見た。



どれくらい眠っただろうか。
携帯電話の着信で目を覚ます。
もう夜だった。


カスタム社長、並木からだった。


「どうだった?」

「参加者達の整理をしているところです」
「秘書の鵜飼さんが来ていました」

「うむ、特定の人物との接触はなかったかね?」

「はい、あれだけの美人ですから、多くの男性に囲まれていましたが」
「特に親しくと言うのはなかったですね」

「そうか・・・・・」
「次に出社した際、聞くとしよう」

「無精ひげが伸びてくるまでお待ちください」


並木は軽く笑って電話を切った。


















いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2017/05/22(月) 00:00:00|
  2. 余録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セーラー キングプロフィット:第14章 10周年篇

モンブラン No.149に、憧れを持つきっかけとなった、
セーラー・キングプロフィットも手元に来て10年。


セーラー キングプロフィット10年後 (1) セーラー キングプロフィット10年後 (2) セーラー キングプロフィット10年後 (3)



あっという間だった気もする。

このブログを始めて、10年なので、
すぐに買った万年筆だ。

ビギナーがいきなりセーラーの
最高峰に手を出したと思うと
なかなか思い切ったことをしたものだと・・・・

おかげで万年筆のすばらしさを教えてもらった。


セーラー キングプロフィット10年後 (4) セーラー キングプロフィット10年後 (5)



使用するインクも、セーラーの「雪明」を使っている。
シーズンインクで、冬のインクだ。

淡いブルーは、ペン先同様柔らかく
似合っている感じがする。


つい2年ほど前に、インクのフローが悪くなり、
洗浄等を繰り返すも改善せず、
食器用洗剤を薄めて、コンバータで何度も
洗浄してフローが改善した。

モンブランのラブレターが悪さをしていたのだろうか?
ピンクの汚れがでてきた。


セーラー キングプロフィット10年後 (6) セーラー キングプロフィット10年後 (7) セーラー キングプロフィット10年後 (8)



日記が中心なので、インクの補充も
モンブランに比べて頻度が少なく、
おまけに、コンバータではなく、
カートリッジ使用で、シリンジにインクをとって
補充しているから、ペン先に塊のような
つまりが発生したのだろう。


やっぱりマメに手入れをしないといけないなと反省した。


これからは定期的に、インクを替えなくとも
洗浄をしてフローの維持には注意していきたい。


オーソドックスなスタイルは、
いつまでも飽きることなく、
日本語を筆記するために調整してある
ペン先は、気持ちよく書かせてくれる。

日記にはコイツ。








セーラー万年筆はこちらへ。


セーラー 万年筆 キングプロフィットST太字 11-6001-620

価格:48,600円
(2017/5/8 09:47時点)
感想(0件)







いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2017/05/15(月) 00:00:00|
  2. ペン(万年筆)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キムワイプ

いつも万年筆にインクを補充する際は、
ペン先の拭き取り用に、ティッシュを使用していた。

たまに、割部分に、ティッシュの繊維が挟まってしまうことも。

そういう時、いつも手にインクを付けながら、
除去作業に掛かる。


灯台もと暗し!



臨床検査、生理検査、工学技士の整備室。
私の撮影室でも、よく使っている。
医療技術部門。至る所に「キムワイプ」は転がっている。

学生時代にも、ずっと側にあったなぁ。


よくよく考えれば、ペン先の拭き取りには最強の紙だわ。


キムワイプ (1) キムワイプ (2) キムワイプ (3)


とりあえず、新品を2箱、倉庫から拝借。



日本製紙クレシアによると、キムワイプは「産業用ワイパー」という商品。
ワイパーといえば、車についている雨を拭き取る棒状の装置を思い浮かべますが、
そうではありません。ワイプする(wipe=拭き取る)ためのものという意味で、
わかりやすく言えば「業務用の拭き取り紙」のことです。

 もともとは、アメリカのキンバリー・クラーク(Kimberly-Clark)社が
第二次世界大戦中に光学レンズの拭き取り用として開発したもので、
1969年から日本製紙クレシアの前身である「十條キンバリー」が国内で製造・販売を始めました。
名前はKimberlyのKimとwipeをつなげてキムワイプ(Kimwipe)となりました。

 今ではサイズ別に4種類がラインナップされています。
メインである「S-200」はティッシュのような長方形ではなく、
正方形に近いのが特徴。実験器具などと一緒に机の上に置いても邪魔にならないよう、
この形になったそうです。

 ケバ立ちが少なく、拭き取った後の繊維が目立たないので、
主に大学や民間企業の研究室や電子工場などで使われています。
用途はビーカーや試験管、薬品などの拭き取りです。

 記者が社内で理系の同僚にキムワイプを見せたところ、
「研究室には必ずあった。なんでも使える万能選手」「これでよく鼻をかんでた」などと懐かしんでいました。
この商品、一度使い始めると他の商品に切り替えることは、ほとんどないといいます。
研究室などの場合、他の製品に変えることで実験結果の数値に影響が出る可能性があるためだそうです。

 ネット上で調べると、様々な用途に用いられているようです。


-with newsから引用させて頂きました-



ティッシュと違って、2枚セットではない。
大きさは1:2の長方形。
半分に折って正方形で使用したり、
そのまま使用したり。



キムワイプ (4) キムワイプ (5)


水分は吸収するが溶けることはない。
(まちがっても、飲み込んだり、排水に流さないこと)


ペン先に付いているインクを綺麗に拭き取って、
ペン先のクリーナにもなる優れものだ。

毎日のように見ているのに、
そこに気がつかなかった。

もったいないことをしたものだ。


200枚入りで意外に安価。
そりゃ、ティッシュのように安くはないけど。
ペンクリーナーに比べれば、非常に安い。


市販もされているので、お試しになりたい方はどうぞ。






キムワイプS-200 200マイ62011

価格:124円
(2017/4/19 14:31時点)
感想(0件)






キムワイプ S-200 【62011】 12箱(200枚×12) クレシア(ワイパー/ウエス/拭き取り/清掃キムワイプ/キムタオル/ハンドタオル)

価格:2,000円
(2017/4/19 14:51時点)
感想(4件)






いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2017/05/08(月) 00:00:00|
  2. 文具雑品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター