銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

余録123 萬年筆奇譚 第5章 尋問篇1節

ホテルの一室。


女が男にまたがり腰を振っている。


髪を振り乱しながら腰を振っているのは、
プロフィット社 秘書の長沢枝美子だ。


「で?そのことを彼に話したというの?」

「そ、そうだ。」


谷口が女の下、腹で呼吸していた。


「アナタ、おしゃべりね」





「うっ、彼は信用できるよ」

「どうして言い切れるの?」

「だって、この開発商品の情報を持ってきたのは彼なんだから」


長沢は腰の動きを止め、
谷口を見下ろす眼が大きく開かれた。


「彼が持ってきたの?」

「そうだ」


谷口からゆっくり視線を天井に上げ、ニヤリと笑う。


「アナタって、本当におしゃべりね」


そう言うと腰を捻った。


「うううぅ」


大きな声を出して谷口は果ててしまう。



長沢枝美子は、谷口の体を降り、
そそくさとシャワー、身支度を済ませ
出て行ってしまう。


ホテル地下駐車場、グレーの
FIAT500アバルト 695 BIPOSTO に乗り込み、
長沢は大声で笑い出す。

ひとしきり笑った後、


「可愛い顔して・・・・・何者なの?」


ルームミラーをにらみつけた。




「山城君」

山城は、経理部長に呼び止められた。


「来週3日ほど、カスタム社に出張してくれるか?」

「カスタム社ですか・・・・?」
「なんでしょう」

「カスタム社とプロフィット社はしのぎを削るライバル社ではあるけど」
「色んな部分で業務提携をしていて、部品等の共有をしてコストカットをしているのは知っているだろう?」
「特許も生産台数の制限等はあるものの互いに融通し合っている」

「先代社長時代からは考えられないことなんだが、現社長同士妙に気があって居るみたいでね」
「数名のプロジェクトでカスタム社に派遣することになった。膝をつき合わさないと決められないこともあるからね」
「君は渋谷に自宅があったね。直行直帰でかまわないよ」


部長はひとしきりしゃべると、山城の返事を待つことなく肩を叩いて去って行く。


「カスタムか・・・・・」


翌週、山城達5名はカスタム社に送り込まれる。
山城を除く4名は、社用車のトヨタアルファードに乗って。
銀座のプロフィット本社を後にする。

山城は、タクシーで渋谷カスタム本社に。

本社玄関前で待ち合わせて、カスタム社それぞれの担当者と調整に入った。

昼食時、プロフィット社員で外食に出ようとした際、噂を聞きつけたのか、
総務課の名取と大下が駆け寄ってくる。


「山城さん、お久しぶりです」

「やぁ、君たち。元気だったかい?」


二人からはパーティーの時に見せた高圧的な態度は失せて、
どこか女子学生のそれが感じ取れた。


「今からお昼ですか?」

「うん、渋谷周辺には疎くてどこか美味しいお店は知らないかい?」


二人はプロフィット社員を一瞥した後、


「美味しいところにお連れしますけど・・・・・」


そう言って、また社員達を見る。


「山城君連れて行って貰いなさい。かまわないよ」


年長のプロフィット社員が気を利かす。


「いえ、そういうわけには」


二人から候補の店を聞き出し、5名で外出する。
二人は触れなば落ちんといった表情で山城を見送る。


「君はどこに行っても人気があるね」

「いえ、先日のパーティーで一緒だったものですから」
「それより、今回は谷口は来ていないのですね」


企画開発からは別の者が参加していた。


「そうなんだよ。急遽変更になったみたいだ」

「なにかあったんですか?」

「わからないなぁ」
「社長がお決めになったとか聞いているが詳しくは・・・・」


昼食を摂って、カスタム社に戻りエントランスを歩いていると、


「白山君!」


小さいがはっきりと聞き取れる声がした。
プロフィット社員は誰も気がつかなかったのだが・・・・・・

山城は反応して声のする方に振り返った。
振り返りざまに反応したことを悔いた。


「ちっ!ミスった!」


声の主は、鵜飼玲子だった。











いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2017/08/28(月) 00:00:00|
  2. 余録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モンブラン マイスターシュテュック 149 18K :第15章 9周年篇

モンブラン マイスターシュテュック 149 18K 9周年 (1) モンブラン マイスターシュテュック 149 18K 9周年 (8) モンブラン マイスターシュテュック 149 18K 9周年 (2)



購入してすぐに、ペン&メッセージで調整をしてもらい、
以降、書き癖に追随するペン先。

9年が経過する。


モンブラン マイスターシュテュック 149 18K 9周年 (5) モンブラン マイスターシュテュック 149 18K 9周年 (6) モンブラン マイスターシュテュック 149 18K 9周年 (7)



多少は自分がエイジングした部分はあるのかしら?
全く変わらない書き心地とインクフロー。

ガチガチのペン先に弱い筆圧。
多分、エイジングはされていないと思う。





これと90周年モデルは、ガチガチのモデル。
しかし、紙の情報がビリビリ人差し指に伝わる。
(M字の90周年は情報がややマイルド)
この情報によって、才媛はこの紙が好き、嫌いと判断できる。

所有しているNo.149の中で一番物を言う才媛。


ノートやペーパーを購入する際の
参考にさせてもらっている。


万年筆を始めた頃、紙について考えることは少なかった。
万年筆→インク→紙・・・・・・・こんな感じか。

万年筆が歓ぶ紙。
書いていて気持ちいい紙。
同じのような気がする。

万年筆に特化した紙というのは凄いと感じた。


話が逸れてしまった。



モンブラン マイスターシュテュック 149 18K 9周年 (2) モンブラン マイスターシュテュック 149 18K 9周年 (3) モンブラン マイスターシュテュック 149 18K 9周年 (4)



金・銀・金のトリコロールは、やはり豪華。
バイカラーのクールさとは異なる。

華があって、退屈な会議が楽しくなる。
ちんぷんかんぷんな勉強会が理解できた気になる。

また、放射線機器の使用前点検を毎日行うのだが、
その、チェックシートへの記入も、この才媛が担っている。

お陰でインクの消費量は半端ない。
開高モデルにパイロットインキのブルーブラックを使用していて、
なかなかの相性なので、今のミステリ-ブラックがなくなったら、
パイロットインキの黒も良いかな?
と、考えてはいる。


でも、ミステリーブラックは綺麗なんだよね。
無くなってから悩むとしよう。







モンブラン 万年筆 マイスターシュテュック 149 ブラック【高級万年筆】【メーカー保証付・送料無料・名入れサービス・ラッピング無料】「ブランド」【ペンハウス楽天市場店】 (99000)

価格:88,957円
(2016/3/24 10:35時点)
感想(0件)







モンブラン 万年筆 マイスターシュテュック ル・グラン 146 ブラック【高級万年筆】【メーカー保証付・送料無料・名入れサービス・ラッピング無料】「ブランド」【ペンハウス楽天市場店】 (74000)

価格:66,493円
(2016/3/24 10:36時点)
感想(1件)







中古モンブラン




いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2017/08/21(月) 00:00:00|
  2. MONTBLANC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北欧の匠 4本挿しペンケース:第4章 1周年

勉強会、会議。
モンブランNo.149が出撃する際は、
このペンケースがお供をしている。


ル・ボナーの出撃が少なくなってしまった。
(No.149がそれだけ活躍をしていると言うことだが)



ハンスオスター 4本挿しペンケース 1周年 (1) ハンスオスター 4本挿しペンケース 1周年 (2)



説明書通り、一切の油脂を付けず、
たまのブラッシングと乾拭きのみ。
今も、革本来の香りが強く残る。



ハンスオスター 4本挿しペンケース 1周年 (3) ハンスオスター 4本挿しペンケース 1周年 (4)



取って付けたような輝きは見せないが、
少し表皮がなめらかになって凸凹が少なくなってきた。


当初、和紙のように軽く頼りないと思っていた本体は、
形を崩すことなく、No.149を包み込んでいる。
もちろんきつくなることも、緩くなることもない。



ハンスオスター 4本挿しペンケース 1周年 (5) ハンスオスター 4本挿しペンケース 1周年 (6) ハンスオスター 4本挿しペンケース 1周年 (7)



必要な強度を残し、軽量化にも成功した
レーシングマシーンのようだ。
ストイックさも垣間見られる。


φ18は変化していないだろう。
コバ部分にも、ヒビ・めくれ等が見られない。
ここは、ル・ボナーと異なるところ。


ル・ボナーのブッテーロは、これでなかなか
味わい深いペンケースではある。
一概に比較できないが・・・・・・
コバのめくれには閉口した。



まぁ、満員電車にこれを持ち込むことは
ないので、強度は充分なのかも知れないが。






いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2017/08/14(月) 00:00:00|
  2. ペンケース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

機動戦士ガンダム シャア専用手帳2018

シャア・アズナブルをモチーフにした「機動戦士ガンダム シャア専用手帳2018」が、
プレミアムバンダイから発売されます。
同時に「シャアの万年筆」(関連記事)の再販も決定。
組み合わせて使えば気分が高まり、3倍スムーズに予定を組めそうです。



シャア専用手帳 2018 20170727_char_img01


シャア専用手帳 2018 20170727_char_img02




商品詳細


~手帳は最大限に生かす、それが私の主義だ!~

2018年版の『シャア専用手帳』が登場!

 

本商品は「機動戦士ガンダム」主人公アムロ・レイの永遠のライバルである
赤い彗星“シャア・アズナブル”をモチーフにした特別仕様の2018年版手帳です。

2017年版と同様にシャア・アズナブルをイメージした赤い名刺が付属し、
『CHAR AZNABLE』表記を金箔押しした専用ケースに入れてお届けします。

 

本商品オリジナルの情報ページには、シャア・アズナブルパーソナルデータ、
一年戦争を辿って物語を回想できる年表、“勝利の栄光を君に”“坊やだからさ”など
シャア・アズナブルの名言を集めた名言集、人物相関図、
シャア・アズナブルも追いかけたホワイトベースの航路図など、ファン納得の情報が満載です。

 

実用的で携帯性に優れたB6サイズを採用し、
表紙カバーはプライベートやビジネスシーンでも使いやすいよう
落ち着きのある深い赤色のポリウレタン製素材を使用しました。
カバーの表裏にかけてジオン公国軍のエンブレムが型押しでデザインされ、
カバー表面にはシャア・アズナブルの所属部隊であった「A12」の表記が金箔押しされています。
擦れやすいカバーの角は金具で補強し、耐久性と高級感を兼ね備えた豪華な仕様です。

また本冊が開くのを防ぐベルト、カバー内側にはカードポケットや
ペンホルダーも付いており機能面でも充実しています。


シャア専用手帳 2018 20170727_char_img03

 

手帳本冊は月間&週間タイプの合計192ページ。


シャア専用手帳 2018 20170727_char_img06


月間ページ(2018年1月~12月)は1ヶ月の予定が一目で分かる
シンプルで書き込みやすい大きなコマスペースが特徴で、
シャア専用モビルスーツの劇中アートが毎月楽しめるよう右下にデザインされています。


シャア専用手帳 2018 20170727_char_img07



週間ページ(2018年1月~12月)は、左ページで1週間の予定を把握し、
右ページで記録や日記など自由に書けるメモページを配した週間レフト式を採用。
挿絵アートはシャアの活躍シーンを時系列順に掲載し、53週に渡って、
ジオン公国が地球連邦政府からの独立を果たすために
始まった“一年戦争”の流れを体感できるデザインになっています。



【セット内容】
カバー付き手帳1冊、名刺1枚

【製品素材】
カバー:PU、本冊:紙、名刺:紙

【サイズ】
カバー付き手帳:約W140×H195×D23mm
名刺:約W90×50mm

【生産国】
カバー:中国、本冊:日本、名刺:日本

【商品に関するお問い合わせ先】
サンスター文具株式会社 お客様相談室
TEL:03-3872-7141
受付時間:9時30分~12時/13時~17時 ※土日・祝日は除く

※準備数に達した場合、予定期間内であっても早期に販売を終了させていただくことがございます。
※お届け時期を変更し、ご注文を承る場合がございます。
※本ページに掲載された商品写真・仕様は、開発中のものです。商品仕様等は予告なく変更になる場合があります。
※写真の色味は本品と多少異なる場合がございます。
※手帳カバーは製造上の都合により、色味の濃淡など、若干の個体差が出ることがあります。予めご了承下さい。




3倍仕事を捗らせたい方にはお勧めのアイテムだ。
来年・・・・これにしようかな?

















いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。







  1. 2017/08/07(月) 00:00:00|
  2. 手帳(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター