銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

A5 スリムノート カバー(自作篇):第2章

A5スリムノートをトラベラーズノートに綴じていたが
会議等の議事録にそのスリムノートをちょこちょこ使ってしまったため
(トラベラーズノートはプライベート用)
A5スリムノートを独立して使用することにした。

そこで専用に革のカバーを作ってみた。

一番簡単でオーソドックスなスタイルで、
A5スリムノートが左右2冊挿せるようにした。

革は「超」整理手帳用と同じものを採用。
会議には「超」整理手帳も持って行くので、
同系列カバーにしたと言うことだ。

出来映えは以下の通り。

A5スリムノートカバー02-05

A5スリムノートカバー02-01

A5スリムノートカバー02-02

A5スリムノートカバー02-03

A5スリムノートカバー02-04



お気に召せば、ポチと一押し!




  1. 2008/01/25(金) 00:00:00|
  2. 自作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

A7 手帳 カバー×2:第2章

この完成した手帳カバー黒一色でなかなかスパルタンなのだが、
トラベラーズノートを改造する時に余ったヌメ革をくっつけてみた。

わけあり手帳カバー加工16

わけあり手帳カバー加工17

わけあり手帳カバー加工18

わけあり手帳カバー加工18

わけあり手帳カバー加工19

わけあり手帳カバー加工21

わけあり手帳カバー加工25


これなら、A4等の資料をもらっても、
サッと折りたたんで、固定しやすい。

お気に召せば、ポチと一押し!




  1. 2008/01/14(月) 00:00:00|
  2. 自作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「超」整理手帳 カバー(自作篇):第2章

明けましておめでとうございます
昨年は多くの方にお越し頂きまして、
「銀狐の文具稲荷」も1周年を迎えることが出来ました。
今年も良い記事が書けますよう頑張りますので、
本年もよろしくお願いします。


では、本題に戻りまして・・・・・・


形としては一応の完成を見せているのだが、
一針一針手で縫い上げたものだから、
どうしても手作り感が払拭できない。

人前でも堂々と見せることが出来るように
何とかならないものかと悩んでいる時に
せこい発想がひらめいた。

もう使い込んでボロボロになった
ハンティングワールドのセカンドバッグがあるから
あれを何とか利用してみよう!と解体作業にかかる。

セカンドバッグの中に貼り付けてある、
レザータグを綺麗に剥がして・・・・・

twin2-01

twin2-02


バッグの外側をかがり縫いしてあるモールも剥がして・・・・・

twin2-03

twin2-04

twin2-05


ハンティングワールドの「超」整理手帳カバーの出来上がり~
ちょっと・・・・無理があるかなあ。

お気に召せば、ポチと一押し!




  1. 2008/01/04(金) 00:00:00|
  2. 自作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

A7 手帳 カバー×2

先日紹介した破格値の手帳カバー第2弾である。

わけあり手帳カバー01


3個購入した手帳カバーの2個を加工してくっつけて
RHODIA No8サイズにする作業を紹介しよう。

作業は至って簡単。A7カバーを縦にくっつけるだけ。
1つはカバーの下部を、もう1つはカバーの上部を少しずつ切り落とし
それぞれを縫い合わせるだけだ。

わけあり手帳カバー加工01

わけあり手帳カバー加工02

わけあり手帳カバー加工03


手帳を綴じる縫い目があるので、その部分をカッターナイフで切除。
長さを測ってみると十分な大きさがある。
単体では少々きつめのポケットなので、若干の余裕をとって
縫い合わせるために、縫い目ギリギリを切り落とすことがコツ。

わけあり手帳カバー加工05


切り落とした後は、ただただ、縫い合わせる作業をするのみ。
で、くっつけたのがコレ。

わけあり手帳カバー加工09

わけあり手帳カバー加工10

わけあり手帳カバー加工11


何とバンドが上下2本ある。
いかにも二個一ですという手帳カバー。
お値段、546円也

わけあり手帳カバー加工13


お気に召せば、ポチと一押し!




2007年の「銀狐の文具稲荷」も今日が御用納め。
来年からはさらにパワーアップして、楽しい記事を書きます。
2008年も変わりませぬよう、よろしくお願いいたします。
皆様、良いお年を!
  1. 2007/12/28(金) 00:00:00|
  2. 自作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター