銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

Düller(デューラー)ダイアリー

まず、メーカーの紹介から。

Duller / デューラー

人々が心の中に持つ文具への思いを具現化できればとの思いをこめて、
イデアインターナショナルが立ち上げた文具シリーズブランド。
「Duller」シリーズに一貫する気負いのない、ベーシックでシンプルなデザインは、
数々の文具の名作を生んだドイツの伝統的な手法から学び取ったもので、細部までこだわり、
丁寧に作りこまれたプロダクトは、各アイテムによって異なる工場で生産し、
それぞれの特徴と強みを活かしています。
「ドイツ」文具のこだわりと「和」のモノ造りに対する思いが込められたブランド、それがDullerです。



ダイアリーノート、ボールペン、シャーペン、マーカーなど、
シリーズ全てに一貫するのは、気負いのないベーシックでシンプルなデザイン。
これは数々の文具の名作を生んだドイツの伝統的な手法から学び取ったものとのこと。
そしてアイテムごとに異なる工場で生産し、それぞれの特徴と強みを活かしているという。
たとえば『ウィークリーダイアリーノート』は、買ったその日から使えるダイアリーノート。
タイムスケジュールも管理できる一週間見開きタイプで、メモスペースもたっぷりとあるのが嬉しい。




手にしたのは、もちろんウィークリーダイアリーノートだ。


デューラー1984287_8_D_500


リングノートでゴムバンド付。フリーダイアリーなので
自分で日を書き込める。


諸元は、横210mm 縦120mmと、
バイブルサイズシステム手帳とあまり変わらない。
縦にして鞄にすっぽり収まる嬉しいサイズ。


デューラー (4)


そしてかなり分厚い(枚数が多い)
見開き1週間のメモ付。
つまり開いて左がウィークリー。
右がルールドメモとなっている。


デューラー (1) デューラー (2)


また紙質もよく、万年筆や水性ボールペンで記入しても滲まず裏抜けが少ない。

「第2種ME技術」の検定試験を受けるための
学習計画をこのダイアリーで管理した。

普段使用している「超」整理手帳や、システム手帳で
仕事と一緒に管理してもよかったのだが、
不幸にも「不合格」になった際、勉強方法も見直しをかけなければいけない。
その時普段のダイアリーで管理していたのでは、
掘り起こすのも骨が折れると判断して、
「自己啓発専用ダイアリー」の導入を決心する。


デューラー (3)

(恥ずかしいので引き気味で撮影)


4月1日から9月8日までの学習を計画。

実質4ヶ月くらいしかなかったので、
基礎編と応用編に分けて、前半2ヶ月半を基礎編として
物理と電気(子)工学。医療機器基礎を教本を見ながら学習。
後半から試験まで、過去問と教本による学習とした。

そういった使用法にはうってつけのダイアリーだった。

本来ならじっくりと学習して身につけるものではあるが、
試験のための勉強をしたのは紛れもない事実である。









私はダイアリーだけしか使っていないが、
他にも以下のような商品がある。


デューラーweekly

ウィークリーダイアリーノート 大/1575円税込


デューラーbini_diary


ビニールダイアリー・ポケット付き 大(A5サイズ) 2310円税込/5色


デューラーballpen

六画アルミボールペン 1890円税込/5色


デューラーwoody

木軸シャーペン 630円税込/5色




デューラー ウィークリーダイアリーノート(S)

価格:1,050円
(2013/9/18 10:07時点)
感想(0件)







いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2013/10/10(木) 00:00:00|
  2. 手帳(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マジックインキ消しゴム | ホーム | ジブン手帳 2014年版>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/971-9db3d375
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター