銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

パーカーペンラップ :第7章(8周年)

紐がちぎれて修理して、またちぎれて。
だんだん針穴で本体の革がグスグスになってしまう。

紐の縫い付けを諦め、ゴムバンドを購入してきて
ラップの丸めを固定することにした。


パーカーペンラップ 8年後 (1) パーカーペンラップ 8年後 (2) パーカーペンラップ 8年後 (3)


収納するは、合計6本にまで増えたテーブル万年筆。
ラップより長いためキャップがはみ出しているが
気にせず使用している。


パーカーペンラップ 8年後 (4) パーカーペンラップ 8年後 (5)


テーブル万年筆を持ち歩いてシステム手帳に使っている。
ワイルドだろぅ~(古いか?)最近スギちゃんあまり観ないぜぇ~。


パーカーペンラップ 8年後 (8) パーカーペンラップ 8年後 (9)



テーブル万年筆はスリムなので、
1スペースに2本ずつ挿入している。
革に負担がかからないのか、
太いペンを挿入して紐で無理矢理巻いていたときより
革の表情が優しい。


パーカーペンラップ 8年後 (6) パーカーペンラップ 8年後 (7) パーカーペンラップ 8年後 (10)



紐がちぎれてしまっただけだ。
まだまだ現役で使うつもり。



やっぱりモンブランNo.149やキングプロフィットのような、
太い万年筆というのは、それなりに納める鞘を選ぶんだろうなぁ~。

窮屈なNo.149も無理矢理詰め込まれるペンケースにも良いことはない。
ちょっとかわいそうなことをしたと反省している。






パーカーペンラップはこちらで。







いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。







  1. 2013/08/22(木) 00:00:00|
  2. ペンケース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<サンノート ルーズリーフ リフィル | ホーム | プラチナ サラボ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/960-9feb1c93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター