銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

セーラー 樺細工万年筆

セーラー万年筆は、秋田県角館に伝わる伝統工芸「樺細工」を
ボディに施した新製品「樺細工万年筆」(税込3万1500円)を
6月20日から全国取扱文具店・百貨店で発売する。



524396619.jpg



同製品は、世界でも珍しい山桜の樹皮を使用した伝統工芸の万年筆。
創業から102年、新しいものにチャレンジし続ける同社と、
1851年創業以来、上質な樺細工を作り続けている「角館伝四郎」がコラボレーションした。


山桜の樹皮を剥いで薄く削り、張り合わせる「樺細工」の手法が万年筆に落とし込まれ、
職人の手作業により、一本一本丁寧に作られている。



708365572.jpg



山桜の樹皮は、はがしても再生する環境に優しい素材で、
使い込むほど手沢により光沢を増して山桜独特のつやを保つ。
天然の素材のため、同じ模様はふたつとない。

万年筆の蓋リング部分、パッケージには「角館伝四郎」ブランドと
セーラーのダブルネームを表示した。


同社では、伝統工芸愛好家、万年筆愛好家などをターゲットに、
年間500本の販売を計画している。


-文具流通マガジン-より。


524396621.jpg 524396622.jpg



秋田県の角館で生まれた代表的な伝統工芸品のひとつ〈樺細工(かばざいく)〉。

山桜の樹皮を使うため、〈桜皮細工〉とも表されるこの技は、
二百年以上前より下級武士の内職として育まれ、
時代の流れにのってその商品価値を高めてきました。

今回の樺細工万年筆には、江戸時代嘉永四年の創業以来六代にわたって
高品質な樺細工を作り続けている「藤木伝四郎商店」の看板ブランド〈角館伝四郎〉の技術と
素材を使用いたしました。

さまざまな模様の樹皮があり、自然のままの状態を生かし生命力を感じるもの、
また日々手に触れるものは手沢によって光沢を増して山桜独特のつやを保ち、
その魅力は尽きません。



524396623.jpg



角館伝四郎は1851年、江戸時代嘉永四年の創業以来六代にわたって
上質な樺細工を作り続けている藤木伝四郎商店のブランドです。

表情豊かな素材、二百年の伝統に裏付けられた技術力、今の空間に調和したデザインで、
暮らしに華やぎを添えるもの作りを続けています。


-セーラー万年筆-より。



最近木軸のペンを持つと、心が落ち着く。
それだけ年を取ったのかな?

こういう癒やされるペンも持ってみたいものだ。



セーラー 樺細工万年筆 角館伝四郎 10-3013-480 【02】【在庫あり:Z】

価格:26,775円
(2013/6/25 12:32時点)
感想(0件)







いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。








  1. 2013/07/08(月) 00:00:00|
  2. ペン(万年筆)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<BRIT HOUSE ブッテーロレザー (THE ME)A7手帳カバー:第9章 (5周年) | ホーム | トラベラーズノート :第7章(6周年)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/950-29fdde67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター