銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

ロットリング 500:第2章(6周年)

最近ペンシルと言えば、クルトガ若しくは、S20を多用。
特にS20に関してはシステム手帳に挿して携帯している。


昔憧れた製図用ペンシルは控えに回ることが多くなった。


最近始めた勉強で、万年筆と列んで出番が多いペンシル。
最初はS20とか・・・・・・使っているんだけど、
長時間の筆記になってくるとどうも指が他を欲しがる。


rotring500 6周年 (1) rotring500 6周年 (2) rotring500 6周年 (3)


いやいや、S20、このペンシルは書きやすいのよ。
本当にカーブが指に馴染み筆記しやすい。

そうなんだけど、ローレットを欲しがるのか?
それなら、クルトガの製図用(ローレットバージョン)もある。
そうでもないんだわ。


rotring500 6周年 (4) rotring500 6周年 (5)



今まで散々控え選手にしておいて、勝手すぎないか?
なんて考えながら、引き出しを開けてシルバーでフルメタルの600と
一瞬躊躇して、ブラックボディーの500をつまみ出した。
理由は簡単。軽くてペン先重心だから。


最近では、ペンシルを使うことがめっきり減ってしまったので、
しゃれた木軸のペンシルとかに目が行ってしまうが、
長時間ガシガシ筆記するにはここに帰ってくる。


伊達に憧れたりしないわ。




ロットリングはこちらで。








いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2013/06/10(月) 00:00:00|
  2. ペン(ペンシル)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ダイスキン :第2章(新色追加) | ホーム | モンブラン マイスターシュテュック 146:第5章 3周年篇>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/936-ac23424d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター