銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

文具王手帳

秋葉原の某居酒屋にて。
文具王: 「理想の手帳があるんですよ。」
南: 「どんな手帳なんですか?」
文具王: 「バイブルサイズとA4用紙の縦4つ折サイズの紙が両方が入って、
 そして外側はジョッターになってて...」
南: 「80年代の少年が熱中した“多機能筆箱”みたいですね(笑)。機能性と収納力があって、遊び心もある」
文具王: 「自分が本当に欲しいって思えるものを、徹底的に追求してオーダーメイドで作ってみたいですね。」
南: 「持っていて、楽しくなれそうですね。僕もそれ欲しいです。一緒に作ってみません?」
文具王: 「えっ...。」

始めはこんな軽い会話からはじまりました。
沢山の人を巻き込んで、沢山の課題を解決し、遂に完成した「文具王手帳」。
テレビチャンピオンで有名な文具王がオーダーメイドで作りたかった手帳を、
文具王の許可をもらってお分けします。

多くのメディアに掲載されています。文具王手帳 @bungu_oは、
多くの有名雑誌、ウェブサイトにて優れた機能性を高く評価していただいております。





文具王手帳は、A4用紙と共存するバイブル手帳


h3_notebook_1.jpg

h3_notebook_2.jpg



最も種類が豊富な「バイブルサイズのリフィル」と、
最もスタンダードでシンプルな紙「A4用紙」の両方を持ち歩きたい。
文具王のそんな想いから出来たこのカタチ。

バイブルサイズの手帳に、超整理手帳のカンガルーホルダがぴったり設置されているので、
A4サイズのドキュメントを携行できる文具王の手帳です。


文具王手帳は、手帳を開かず、すぐメモ 起動時間ゼロ秒 「バイブル」も、
「A4」も、ぴったり入る特別な構造

物事の要点や、思いついたアイデアなどを記録(メモ)する上で、
ストレスなく、素早くシンプルにメモを取れる環境を構築することは大変重要です。
そこで、ポイントとなってくるのは「起動時間」と「起動する手間」。
従来の手帳やノートなどは、メモを取る際に、手帳を開き、
“メモすべきページ”までめくる必要がありました。

文具王手帳は、“メモすべきページ”が開かれた状態で、
手帳の外側に貼り付けられているようなものなので、
「起動時間」も「起動する手間」もほぼゼロです。
手帳の内容(スケジュール)を見る際は手帳を開き、
メモをするときは手帳を開かずにさっとメモ。そんな使い方の提案です。

ジョッター(紙を挟みこむ)部分は、「バイブルサイズのリフィル」と「A4用紙の縦四つ折り」の
いずれもがぴったりと収まる特殊な構造に。

A4用紙は4つ折の状態でジョッター部分に挟みこむので、裏表使うと合計8ページのメモ用紙に。
また、A4用紙は、スキャナなどでデジタル化しやすいというメリットもあります。
メモしたA4用紙を、スキャンし、Evernote(エバーノート)にメモを
アーカイブ(ひとまとめに保存)するといった使い方も。



文具王手帳に、色んなツールを詰め込もう



h3_notebook_3.jpg



手帳の左内側には上には、幅93mm×高さ40mmの「フラップポケット」が。
通常のシステム手帳に厚みのあるものを詰め込むとぽっこりと形が崩れることがあります。
この文具王手帳はバイブルとA4が重ならないデッドスペースをちょっとした小物入れにしました。
大切な鍵、コイン、付箋、SDカードなどツールやガジェットを収納できます。
下のフォルダは1万円札がぴったり隠れるサイズ、お札や領収書、チケットなどがぴったりシンプルに収納できます。



文具王手帳は、A4とカードをすっきり収納


h3_notebook_4.jpg



右側部分には超整理手帳のカンガルーホルダが標準装備されているので、
A4サイズのドキュメントを収納することが出来ます。
カンガルーホルダの特別な構造によって、A4縦四つ折を無駄なく収納でき、
「綴じしろ」が必要なくなります。
また、カンガルーホルダの素材は、トナーの裏移りがしにくい梨地素材で、
カンガルールーラとペンホルダも付属しています。

縦長のポケットは2つあるので、1つはカンガルーフォルダ、
もう1つは超整理手帳のリフィルなど、好みによって様々な使い方が出来ます。

カード収納部分は段々に収納するタイプではなく、
2箇所に重ねて収納するタイプを採用することによって、
中央だけがポッコリ膨らむことはありません。

カードだけではなく、名刺も収納できるサイズなので、
予備の名刺入れといった使い方も出来るでしょう。



文具王手帳で、色んなツールも一緒に運ぼう


h3_notebook_5.jpg


なんと、手帳の表面にはさわり心地のよいベルクロ(マジックテープ)のメス(柔らかい)面が。
他の手帳(スケジュール帳)には見られないユニークな機能です。
Pocket WiFi、電卓、携帯、デジカメ、名刺入れなどツールの裏側にベルクロのオス(硬い)面を
貼り付けておくと、ぺたっと文具王手帳にくっつけることが出来るのです。

実際に使ってみなければ、この文具の便利さはわからないと思いますが、
オフィスでのちょっとした移動や、バッグ中に収納する際にちょっとくっつけておくと、
モノがまとまるのです。また、ベルクロを使わない人でも、黒色のメスの面ですので、
邪魔にはならずあまり目立つことありません。


手帳の閉じるゴムにもこだわりが。
ゴムは時間が経つと伸びたり、切れたりすることがあります。
文具王手帳は自分自身で、好きなタイミングで好きなゴムに交換できるので、
髪用のヘアゴムなど、好きなカラー、太さ、さわり心地など自分自身で選んでカスタマイズを楽しんでください。
※濃紺色のゴムは付属しています。


“更なる起動時間の短縮”と快適な“ハンズフリー”を実現 ショルダーストラップ (別売)


h3_notebook_6.jpg



通常の手帳はスリープ状態の(使っていない)時はバッグの中などに入っており、
手帳をバッグから取り出して使うまでに手間と時間がかかります。

専用アクセサリーの「ショルダーストラップ for 文具王手帳(別売)」を使い、
スリープ状態の時は肩にかけておくと、必要な時に瞬時に手帳を再起動することが出来るのです。
また、ハンズフリーなので、荷物を持っている時や名刺交換時も快適です。

手帳内側四隅に設けられた、D環にショルダーストラップをつけると、
文具王手帳を肩から下げることが出来ます。
また、D環にはキーホルダー方のペンや、鍵、アクセサリーなど様々なものを付けることが出来ます。
「ショルダーストラップ」を文具王手帳に付けて、ジャケットの下に斜め架けすると、
まるで刑事さんがジャケットの中のショルダーホルスターからガンを抜くように、
さっと手帳を取り出すことが出来るのです。



http://superclassic.jp/?pid=20962828

「スーパークラッシックより」


バイブルサイズシステム手帳と「超」整理手帳の合体バージョン。
私の愛用手帳もこの2つなので、まさにストライクな手帳。

さすが、文具王。


欲を言わせていただければ、表皮のベルクロは・・・・
上質な革にしていただけるとよかったのだが。

これは欲しい。





文具王手帳はこちらで。


文具王手帳 @bungu_o

価格:18,900円
(2013/4/4 10:01時点)
感想(11件)





文具王手帳

価格:18,900円
(2013/4/4 10:03時点)
感想(0件)







いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2013/04/25(木) 00:00:00|
  2. 手帳(システム)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トンボ鉛筆が創立100周年 | ホーム | モレスキン ホワイトノートブック>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/923-20023a2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター