銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

エッシェンバッハ シニアグラス

私は高校生の時から近視でメガネのお世話になっている。
仮性近視で何度も度を合わせるためにレンズを交換したことを覚えている。

そうして、自衛隊に入隊して、診療放射線技師養成所で勉強をしていた頃、
東京-渋谷の夜空を見上げて(養成所は世田谷区)、
「東京の空も綺麗だ、たくさんの星が出ている」
と、一緒に酒を飲んだ同期に言うと、
「銀さん、メガネの度が合っていないんじゃない?」
と、いぶかしそうな顔をされた。

そう言われて、満月に近い太った月を見てびっくり。
オリンピックの五輪マークのように横にたくさん見えた。

後日乱視を追加したレンズに交換した。

それが27歳の時だった。



あれから歳月が流れる。

だんだんと近いものが見えにくくなった。
最初は車の運転をしていて、ふとスピードメーターに視線を
移したとき、焦点が合いにくい・・・・
(焦点を合わせるのに必要な時間が長くなったというのが正確な表現か)
程度から始まり、文庫本の文字がかすみ出した。

近いものが見えにくくなったと言っても、
近視+乱視が良くなったというわけではない。
遠くも見えない上に近くも見えない・・・・・・・いったいどこを見れば良いのだ?
と、言いたくもなる。

ま、話(離)せばわかる年頃になったのだ。



そこで遠近両用のレンズを作る。

これがまた慣れるまで大変で、視線を移すと頭がクラクラした。
メガネ屋の店員さんによると、「慣れるしかありませんね」だと。

当初の遠近両用レンズは、遠視は+0.5程度にしたものだった。
だが1年もしないうちにそれも見えなくなってしまった。

はぁ~、また作り直すのも面倒だなぁ~


シニアグラス(カッコ良く言っているけど老眼鏡ね)を持つか。
そうはいっても良いのがないのよ。
年寄りくさいものばかりで・・・・・(失礼)
一応、気持ちはまだ若いつもりでいるものだから。


関西在住「文具オタク」のオアシス。
ナガサワ文具店を徘徊。

そこで見つけたツーポイントタイプシニアグラス。
「エッシェンバッハ」と言うらしい。
まんま独です!っていう名前だ。


エッシェンバッハ シニアグラス (1) エッシェンバッハ シニアグラス (3) エッシェンバッハ シニアグラス (2)



今かけているメガネもツーポイントタイプなので、特に違和感は無い。
そしてレンズは小さくカッコイイ。
サンプルで度数を合わせてみると、+1.5~+2.0だった。
そりゃ・・・・+0.5の遠近両用では役に立たないか。
けっこう遠視が進んでいるのに驚いた。

ええい、面倒だ。+2.0にするか!

そういうわけでシニアグラスデビュー。



エッシェンバッハ シニアグラス (4) エッシェンバッハ シニアグラス (5) エッシェンバッハ シニアグラス (6)



数日後の朝、洗面所で洗った顔を鏡に映して、
「いつまでも若くないのだよ」と、
老けた顔の自分に向かってつぶやいてみる。

「あら、こんな所にシミができて・・・」
「まぁ、これもエージングだ」

白い物が多くなった短い髪をなでながら「ニヤリ」と笑ってみせる。



もう、自分の顔やタイプに責任を持たねばならぬ年齢なのだ。





いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2013/02/28(木) 00:00:00|
  2. 文具雑品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<モレスキン ディズニーノートブック | ホーム | 特別生産品 スーベレーンM800 茶縞 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/909-c88035e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター