銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

余禄99 勝負万年筆

「勝負ペン」というのがあって、
私の勝手な定義によれば、ここ一発のサインや契約の際に使うペン。
性質から油性ペンが該当するであろう。


モンブラン マイスターシュテュック ル・グラン 161が
それにあたる。

http://bunguinari.blog87.fc2.com/blog-entry-672.html

この章においても「勝負ペン」として紹介している。



その、「勝負ペン」ではなく「勝負万年筆」について。


あるブログで「勝負万年筆」という言葉があった。
もちろん私の定義は、ここ一発の勝負に使う万年筆。
と言うことになろうか。

ただ、水性の万年筆が契約に使われるのだろうか?


そう言わずに1本を選んでみなさい。

この1本を選ぶなら、モンブランNo.149を選択するかなぁ~
それとも、始めて買った高級万年筆のセーラー・キングプロフィットにするかな。

ここには視点が2種類あって、
後者のキングはまさしく原点回帰。
私の万年筆のよりどころになるもの。


セーラー キングプロフィット 02 セーラー キングプロフィット 03


前者のNo.149は、私を守ってくれる
懐刀のような信頼できる存在としての万年筆だ。

恐らく定義付けした用途であれば149になるかなぁ。


056mb7861-2.jpg 4b



現在保有するNo.149は3本。
それぞれ18K.14K.14Cと異なるペン先で、
書き味も個性がある。


どんなに筆圧を上げようが、長時間筆記しようが
全く表情を崩さず、書き手を挑発する18K。

涼やかな顔で懐が深く、しなやかでいて内面の気の強さを
持ち合わせる14K。

他者とは一線を画し、切れ込み鋭く美しいペン先を持ちつつも、
しっかり筆圧を受け止める芯の強い才色兼備な14C。

いつも連れて歩きたいと思わせるのは、14Cモデルだ。


「勝負万年筆」となった場合は、おおよそ精神的な支えとなる一面も持っている。
絶対的信用を置くNo.149は、18Kにほかならない。

さて・・・・これを勝負万年筆として選んだからには、
他のNo.149と同じペンケースに入れておく訳にはいかないのか。
1本用のデルタのペンケースに収納するか?

すると、No.149を納める3本用のペンケースにスペースができてしまう。
これは・・・・・もう1本No.149を買いなさいというお告げなのか?







いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2013/04/15(月) 00:00:00|
  2. 余録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<uni JETSTREAM ピュアモルトインサイド: 第2章(1周年) | ホーム | uni ピュアモルト 多機能ペン: 第3章(1周年)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/908-261616b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター