銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

アフタヌーンティー ヌメ革ペンケース:第5章(4年後)

たまにロールペンケースと交代させるが、
ヌメ革のBREEにはこのペンケースが似合う。
BREEを手帳のメインとしている以上どうしても使用する割合は大きくなる。


アフタヌーンティー 4年後 (2) アフタヌーンティー 4年後 (1) アフタヌーンティー 4年後 (7)


と、言うのもパーカーのペンラップの紐が千切れてしまい、
ゴムバンドで巻きを固定しているという有様。
次期ロールペンケースも目星はつけている。
(次回ペンラップのコーナーで詳しく)

そのペンラップにデスクペンを差し込んでいるので、
このペンケースが復活したというものだ。

このアフタヌーンティーには、デスクペンが収まらない。


アフタヌーンティー 4年後 (4) アフタヌーンティー 4年後 (3) アフタヌーンティー 4年後 (5)


室内と鞄の中という至って限定的な使用なので、
エージングの速度は実にのんびりしたものだ。
だけど確実に進んでおり、1年前の写真と比べるとやはり
濃い色合いになっている。


アフタヌーンティー 4年後 (6)


冬の時期になるとどうしてもハンドクリームを塗る機会が増え、
その手で革に触れているので、表皮はしっとりしている。
手入れ要らずというか・・・・
(これは他の革製品すべてに当てはまる)

そんな横着な持ち主をよそに少しずつ逞しくなってきている。


コバに見られる小さく無数のヒビも、
まだ今のところそんなに悪さをするほどでもない。
このままで居てくれれば良いのだけど。





いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2013/02/11(月) 00:00:00|
  2. ペンケース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<BREE システム手帳(30mmリング):第5章(2周年) | ホーム | 革鞄:第2章(15周年)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/904-7f389d90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター