銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

モンブラン マイスターシュテュック 149 14C 開高モデル(自称) :第6章 2周年篇

開高モデル(自称)も私の手元に来て早くも2年。
インクは、神戸INK物語「三宮パンセ」だ。


モンブラン マイスターシュテュック 149 14C 開高 2周年 (3) モンブラン マイスターシュテュック 149 14C 開高 2周年 (9) モンブラン マイスターシュテュック 149 14C 開高 2周年 (10)




セーラーのインクは悪さをしないというので有名だが、
ボトルが浅いのだ。
149の大きなペン先だと、インクが少なくなるとうまく吸いきれない。
どうするかというと、少なくなると継ぎ足し継ぎ足し・・・・
常にボトル満タン状態にしている。
老舗うなぎ屋の秘伝のたれ状態だ。

現在ペンケースは、デルタのマレキアーロ3本用(オレンジ)に
収納して持ち歩いている。


モンブラン マイスターシュテュック 149 14C 開高 2周年 (1) モンブラン マイスターシュテュック 149 14C 開高 2周年 (2)



ともに万年筆好きの看護部長も年末をもって退職された。
万年筆談義がもうできないのは非常に寂しい。

不思議なもので、今まで気がつかなかったのだが、
薬局に万年筆の好きな薬剤師が居る。
看護部長にお別れの寄せ書きを書くのに万年筆で書いて薬局に色紙を回覧ところ、
その薬剤師が、「万年筆を使っている~」と、感動していたらしい。
薬局長が教えてくれた。
「ねぇ、文字を見ただけで万年筆で書いたかわかるのよ。凄いでしょ」
と、付け加える。

万年筆を使っているものは普通にわかるだろ・・・・と、
思うが、そこは私も大人だ。「ほ~凄いな」と言っておく。

万年筆を使わない者にはわからないのかもしれない。


案外万年筆のファンは身近に居るものなのだと感心した。


モンブラン マイスターシュテュック 149 14C 開高 2周年 (4) モンブラン マイスターシュテュック 149 14C 開高 2周年 (5)


モンブラン マイスターシュテュック 149 14C 開高 2周年 (6) モンブラン マイスターシュテュック 149 14C 開高 2周年 (8) モンブラン マイスターシュテュック 149 14C 開高 2周年 (7)




シュッと切り込まれた涼しげなラインと、バイカラーのコントラストの良さ。
太くて大きい本体に負けない。
見る者を圧倒させる大きさの美しいペン先は未だ飽きることはない。


洗練された大人の女性は、毎日でも握っていたくなる。
文字を書くとき、ペン先を眺めるだけで悦に入る・・・・。

私の「変態ぶり」も重症化してきたようだ。






モンブラン 万年筆 マイスターシュテュック 149 ブラック【高級万年筆】【メーカー保証付・送料無料・名入れサービス・ラッピング無料】「ブランド」【ペンハウス楽天市場店】 (99000)

価格:88,957円
(2016/3/24 10:35時点)
感想(0件)







モンブラン 万年筆 マイスターシュテュック ル・グラン 146 ブラック【高級万年筆】【メーカー保証付・送料無料・名入れサービス・ラッピング無料】「ブランド」【ペンハウス楽天市場店】 (74000)

価格:66,493円
(2016/3/24 10:36時点)
感想(1件)







中古モンブラン






いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。







  1. 2013/01/31(木) 00:00:00|
  2. MONTBLANC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ポスト・イット 手帳用製品 ポータブルシリーズ | ホーム | スリップオン ブッテーロ RHODIA #11用 メモホルダー :第4章(3周年)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/903-69faf826
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター