銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

コイーバ リミテッド エディション バイ オマス

omf1211_1.jpg



まずはOMASの説明から。

イタリアを代表する高級筆記具メーカー・オマスは、
1917年、イタリア・ボローニアで万年筆職人アルマンド・シモーニが、
万年筆工房を開いたことに始まる。

のち1925年、完璧さな技術と洗練されたセンス、
書くく楽しみを追求することを目的に、
OMAS(Officina Meccanica Armand Simoni=アルマンド・シモーニ技術工房)を設立。
今日においても、OMASの企業哲学は、
加工の難しいセルロイドや綿花からできる植物性樹脂を万年筆の素材に採用したり、
オマス360万年筆にみられる斬新なデザインに取り組む姿勢に、しっかりと生きている。


omf1211_2.jpg
omf1211_3.jpg



オマスの筆記具の主要な軸の素材となる植物性樹脂は、
セルローズ(綿花をベースとした線維素)から作る素材で、
衝撃に強く、軽いという特製があります。
成形には90日の乾燥期間を要し、手に馴染みやすく、
暖かみのある感触が特徴です。





葉巻と万年筆は共通するデザインがあって、
どうも切っても切れない間柄のようである。

万年筆をシガーケースに入れている人も多い。
(私もそのうちの一人)

シガーと銘打たれた万年筆は意外と多く
モンテグラッパや、いつもお世話になっているPen and message.さんも
オリジナルの万年筆をリリースされたり。


oms22639_e.jpg oms22639_d.jpg oms22639_f.jpg



そんな中、心を鷲づかみにするコイツが出た!
シガー(葉巻)を代表するコイーバとのコラボだ。


そうか、ついでにコイーバの説明も。

現在、最高のシガーと言えば、あえて質問をする必要がない位の
高い地位を築いているコイーバですが、
その歴史は500年を越えるシガー史の中においては意外にも浅く、
初めて製品化されたのは1968年のことです。

コイーバの名はコロンブスがキューバ島に初めて上陸した際に、
平和を愛するネイティブたちが葉を筒状にして、
それをふかしていたものをこのように呼んだことに由来しています。
そう、コイーバとはつまり、タバコ本来の呼び名なのです。

製品となったコイーバは、10数年間にわたってカストロ首相やその政府高官および、
キューバ政府がⅤ.Ⅰ.Pとして扱った人達だけのみのシークレットとして、
一般市場へ向けて発売されるまでの間は幻のシガーであり続けました。

キューバという最高の土壌で育った最高級のタバコ葉のみを使用し、
最高の腕を持つ職人だけが巻くことを許されるシガーですから、
常に生産量は少なく、最も手に入れにくいブランドとしてその名声は衰えることを知りません。



さて、メインの紹介。


oms22639_top.jpg omf1211_4.jpg


コイーバ リミテッド エディション バイ オマス

ハバノスS.A.とのコラボレーションから生まれた「コイーバ」。
シガーの純粋でシンプルな形を強調するため、オマス社では初めてのクリップがないモデルです。
キャップを尻軸に取付けた際にもシガーの形を再現。
ボディのジリコテウッドは、きめが細かく、肌触りが良く、
暖か味があり、独特の色合いが巻いたタバコ葉の色と柄を連想。
キャップリングはコイーバシガーのリングを再現、尻軸にオマスのロゴ、天冠はオマスのマークを刻印。

--------------------------------------------------------------------------------
【仕様】
●限定数:1000本(尻軸にシリアルナンバーが刻印)
●18金ペン先(コイーバロゴ彫刻。先住民であるタイノー族の横顔)
●ペン先の太さ:EF(極細)、F(細字)、M(中字)、B(太字)
●ボディ:ジリコテウッド(非常に丈夫で磨くと美しい光沢がでる木材。楽器や家具にも使用)
●リング、尻軸:スターリングシルバー バーメイル仕上げ
●サイズ:長さ142.2mm 最大径16.9mm
●機構:吸入式(容量1.42ml)
●付属品:コイーバロゴ入りペンシース、ベルベットトレー付き
   専用キャビネットボックス(湿度計付きヒュミドール)



金額も21万円と立ちくらみがしそう。
う~~~む。かっこよすぎる。

限定だし・・・・







いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2013/01/21(月) 00:00:00|
  2. ペン(万年筆)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<どや文具ペンケース | ホーム | リーラナウ レザーシステム手帳>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/899-8d048f41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター