銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

銀狐の手帳術:第24章 システム手帳 自作リフィル 2013年版

2013年のバイブルサイズダイアリーには、
knoxbrainの2mmセクション。つまり、2mm方眼紙を使用する。



ダイアリーリフィルバイブル 2013 自作手帳 (1) ダイアリーリフィルバイブル 2013 自作手帳 (2)



2012年度は、レイメイのDavinci徳用無地だった。
もちろんこのリフィルは薄くて裏写りも少なく優れている。

毎年同じリフィルだと、新鮮味がないので変更してみた。
決して使いにくいというようなことが原因ではない。


ダイアリーリフィルバイブル 2013 自作手帳 (3) ダイアリーリフィルバイブル 2013 自作手帳 (4) ダイアリーリフィルバイブル 2013 自作手帳 (5)


書式としては見開き1日の、1日2ページ仕様。
左にバーチカルなタイムラインとTo-Doチェック。
右に5つのマトリクスからなる、記載事項。

基本は2012年バージョンを踏襲している。
異なったところと言えば、体重、脂肪、体内脂肪レベル、BMIを
記録できるようにしたところ。

2012年5月から、減量を始め 身長180cm、体重83.5kgを
絞って、8月中旬には71.5kgにした。
現在は少し戻って、72kg前後をうろうろしている。

減量を始めた頃から、ダイアリーにはこれらのデータを記載するようにしており、
2013年も継続する予定で、最初からこれらをプリントして定型化した。


本音を言えばレコーディングダイエットのように食した物を記録したいと思ったのだが、
バイブルサイズという限られたスペース故、断念した。


バイブルサイズシステム手帳を使用して、
熊谷手帳をベースにしているため、「夢手帳」や「思考手帳」も存在する。
ダイアリーは「行動手帳」に属する。

綴じ込むダイアリーの期間は5ヶ月分。
過去2ヶ月、今月、未来2ヶ月だ。

そこに夢と思考が加わる。
それらを1冊のシステム手帳に納めるのは困難になりつつある。
かといって2冊持つのも大変だし、
夢手帳専用にリング径10mm~15mm程度の薄い手帳を導入すれば何とかなるか?
オールインワンを目指すなら熊谷バインダーかフランクリンのバインダーになる。
しかしリング径40mmのお化けを持つのも仰々しい。


そうなると、どこかを削る作業をしなければいけないのだが、
それが遅々として進まない。(物が捨てられないタイプなので)
前後1ヶ月の3ヶ月分を綴じ込むことができれば理想なのだが、
一部の担当者会議は4ヶ月に1回の開催なので、
5ヶ月は欲しいところ。本音を言えば半年分は綴じておきたい。

今年中に何とかしたいが・・・・・無理なんだろうなぁ~
綴じベルトをすると本体が歪んでしまうので、
ゴムバンドだけで押さえている。(かっこわる~い)



いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。






  1. 2012/12/06(木) 00:00:00|
  2. 手帳術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<余禄96 モンブラン、ブルーブラック | ホーム | HIGHTIDE B7 手帳 (2013年)>>

コメント

頑張ってみます

こんばんは。
アドバイスありがとうございます。

ある程度予測は付きましたが、
いざ文字で読んで見ると、やはりそうですよね。

まさにこれは、今の私につながるのかもしれませんね。

今この時期を乗り越えられるように頑張ってみます。

しばらくしてから、また状況を報告しますね。
  1. 2013/04/17(水) 00:57:18 |
  2. URL |
  3. 元ステージア #-
  4. [ 編集 ]

元ステージアさん。

ありがとうございます。

他人は他人。自分は自分。
自分が記録を残したいと思えば、
手帳なりメモに記せば良いだけで、

人に振り回されるものではないですよ。

また、書くことが目的ではありませんので。

逆に、行き詰まったときこそ見直す時期。
手帳に記したことを見直し、
問題点の洗い出しをする。
そのための手帳です。
道具ですから、使いこなしてナンボですよ。
  1. 2013/04/15(月) 07:40:38 |
  2. URL |
  3. 銀狐 #-
  4. [ 編集 ]

書きたくない気持ちからの脱却法教えてください

お久しぶりです。
最近投稿していませんが、いつも拝見しております。

最近、ちょっと仕事に行きつまっておりまして
手帳に書く気持が低下しております。

後で見直したときを考えて書くことは必要
と思うのですが、どうして若手社員は何も
書こうせず、自分だけがなんで書くのか
という気持ちが強くなっています。

若手社員は、覚えていればまだしも
後で振りかえるときに何をしたのかなあと 
のんきな状態です。私が書いたメモを読み
返すなら、最初から自分で書け!!と
言いたいです。

それでも若手は、書こうとしない。
私も、書くことが億劫になりかけています。
こんな状態になっており抜け出せていないのです。

自分で何とかしないといけないとは分かって
いるのですが、アドバイスなど頂けると嬉しいです。
  1. 2013/04/13(土) 00:46:55 |
  2. URL |
  3. 元ステージア #-
  4. [ 編集 ]

書きたい気持ちからの脱却法教えてください

お久しぶりです。
最近投稿していませんが、いつも拝見しております。

最近、ちょっと仕事に行きつまっておりまして
手帳に書く気持ちが低下しております。

若手社員は何も書こうとしません。
なぜ、自分だけが一生けん命書くのかという気持ちが
強くなっています。

若手社員は、覚えていればまだしも
後で振りかえるときに何をしたのかなあと 
のんきな状態です。私が書いたメモを読み
返すなら、最初から自分で書け!!と
言いたいです。それでも若手は、書こうとしない。

こんな状態が続き、私も書くことが億劫になりかけています。

自分で何とかしないといけないとは分かって
いるのですが、アドバイスなど頂けると嬉しいです。
  1. 2013/04/13(土) 00:46:08 |
  2. URL |
  3. 元ステージア #-
  4. [ 編集 ]

元ステージアさん。

ありがとうございます。
おっしゃるとおり、手帳記入が目的ではないので、
何も深く考えることはないのです。

書きたいこと残したいことを記入しておけば
それで目的はほぼ達成されるのですから。

ただ、あとで見返したときに、
詳細についてある方が良く、
そのとき記入できなくても記憶の鮮明なうちに
記入するよう心がけています。
(そうするとこのくらいのスペースが必要なわけで)
  1. 2012/12/10(月) 08:57:00 |
  2. URL |
  3. 銀狐 #-
  4. [ 編集 ]

私には無理だー

こんにちは。

銀狐さんのブログは いつも拝見しております。

13年 自作リフィルすごいですね。
記入することにストレスが無い人ならではという書式です。

私なんか、手帳に興味ありながらそれほど記入しない人間なので、難しいです。
12月から毎日、一日の終わりに気持を5色で識別することを始めてみたのですが、
3日くらいで終わってしまいました。いつもより落ち込んだとき、またはハイに
なったときは記入することを思い出しています。
毎日の記録がなくても、いつもと違う気持であったという事がわわかるだけでも、
後で振り返ることができると思い、記入のルールを変更しました。

記入ルールは、毎日変更している状態です。
いかに記入したくなる手帳にするか?は 私の永遠のテーマです。
手帳の記入が目的でなく、自分を見つめ直すのが目的だから大丈夫と、
もう一人の自分が弁護してくれています。
  1. 2012/12/09(日) 09:58:49 |
  2. URL |
  3. 元ステージア #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/889-16ec9517
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター