銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

プラチナ万年筆 精進(SHOUJI)

PNB-20000_002.jpg

PNB-20000_003.jpg



#3776新モデル「精進」 7月1日発売

今まで万年筆には染料インクしか推奨していませんでしたが、
顔料インクもご使用頂ける限定モデル(3,776本)の万年筆を平成24 年7月1日(日)より発売いたします。

#3776 富士五湖シリーズ二作目、「#3776 精進しょうじ」は
繊細に濃度を調合した淡いブルーの透明モデルを完成させました。
富士五湖の中で最も富士山が美しく見える湖が「精進湖」といわれます。
この湖が朝日に照らされた湖面の澄んだ空気感をイメージして今回のボディカラーを決定しました。
光の当たり方によって透明ボディのエッジがブルーに輝く様は水面に光が反射する風景を想像させます。

又、キャップ内の「スリップシール機構」は特別仕様で、富士五湖全ての名前と形が描かれており、
キャップを開閉するごとに回転するこの機構を目で見て確認できる遊び心をプラスしました。
濁りのない澄んだ淡いブルー透明ボディで飾り過ぎず、
且つ手元で存在感を放つ個性的な万年筆に仕上がりました。

常に新鮮なインクの状態で筆記をお楽しみ頂ける「スリップシール機構」を搭載した、
「新#3776 サン・ナナ・ナナ・ロク」万年筆を発売して1年が経過し、
お客様に大変ご好評を得ております。


更なる商品価値を高める機能として、お客様のご要望の中から
「顔料インクを手軽に使用したい」の声を実現させる為に経過実験を行い、
染料インク同様に顔料インクでもおよそ1年間メンテナンスを
しなくてもさらっと書き出せる事が実証されました。
これまで主にマニアの方が好んで使用される顔料インクを、
この万年筆で手軽に一般の方もご使用頂ける事で、
顔料インクの魅力を味わって頂きたいと思います。


PNB-20000_006.jpg


キャップの裏側に一本一本シリアルナンバーを彫刻。
(インナーキャップ上部のスプリングが剥き出しというのは・・・)


PNB-20000_007.jpg


ここがスリップシール機構。
この機構によりしっかりと気密し、インクの鮮度を保ちます。


PNB-20000_008.jpg


ペン先とペン芯は、よりよい筆記のための心臓部です。


PNB-20000_009.jpg


新鮮なインクによる書きだし。このグリーンのインク色は
ミックスフリーインクでカスタマイズしたものです。


PNB-20000_010.jpg


透明ボディならではの楽しみ。内部も透明感をしっかりとキープ。


PNB-20000_011.jpg


キャップリングの刻印。
1978年からの#3776のロゴマークを踏襲しています。



PNB-20000_012.jpg


商品仕様

● 商品名 #3776 精進 (世界限定生産3,776本)
● 商品番号 PNB-20000
● 価格 ¥21,000円 (消費税込価格)
● 軸の色 #6 アクアクリスタル
● ペン先 14金ペンにロジウムフィニッシュ
● ペンポイント 細軟、細字、中字、太字
● 詳細仕様 ボディ・キャップ・天冠・尻飾・グリップ部分 : AS樹脂
      クリップ : ベリリウム銅にロジウムフィニッシュ
      中間リング : 黄銅にロジウムフィニッシュ
      その他リング類 : 黄銅にロジウムフィニッシュ
● 寸法 全長139.5mm×最大径15.4mm
● 標準重量 20.5g
● 附属品 顔料カートリッジインク2本付(カーボンブラック、ピグメントブルー)、
     コンバーター(クロームフィニッシュ)
● パッケージ 専用パッケージ付
● オプション コンバータ及びプラチナインク
● 名入れ箇所/方法 グリップ・ボディー・キャップ/手彫り、
 ボディー・キャップ/シルク印刷・パット印刷



富士五湖もシリーズ化されて、今度は精進湖(ショウジコ)だ。
そのうち全ての湖がそろうのだろう。

この万年筆のセールスポイントは、顔料インクが使用可能なところ。
染料インクしか対応できませんという万年筆がほとんどの中、快挙だ。

皆さんよくご存じの通り、
染料に比べて顔料はインクの粒子の大きさが全く違う。
もちろん顔料インクのそれが何十倍も大きい。


粒子が大きいので紙の上に文字を書いても、紙に染みこみにくく裏抜けしにくい。
書いた文字がくっきりする。
また顔料が乾燥すると水に溶けないので、文字の保管状況は良くなる。

ただ、反対に水に溶けないインクなので、
万年筆にインクを入れたまま乾燥させてしまうと・・・
水を吸ったり吐いたりしてメンテをしても効果は無い。
(メンテナンスキットがあるそうだが)


そういった諸刃の剣のインクを使用可能と言い切った根拠に、
得意技、「スリップシール機構」が存在する。

1年間放置してもさらさら書ける。


万年筆マニアならずとも、顔料インクフェチの皆さんには朗報だろう。


プラチナ万年筆 精進(SHOUJI)は、こちらで。
(限定販売につき売り切れの際は了承下さい)







いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。






  1. 2012/07/09(月) 00:00:00|
  2. ペン(万年筆)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<BRIT HOUSE ブッテーロレザー (THE ME)A7手帳カバー:第8章 (4周年) | ホーム | トラベラーズノート :第6章(5周年)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/848-c044e5d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【プラチナ万年筆 精進(SHOUJI)】

#3776新モデル「精進」 7月1日発売今まで万年筆には染料インクしか推奨していませんでしたが、顔料インクもご使用頂ける限定モデル(3,776本)の万年筆を平成24 年7月1
  1. 2012/07/09(月) 01:13:16 |
  2. まとめwoネタ速neo

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター