銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

ペリカン 万年筆 特別生産品 M205 ホワイトトータス Classic Edition – トープカラー

ペリカン 万年筆 特別生産品 M205 ホワイトトータス Classic Edition – トープカラーm205tp-f_1



Classic Edition 205 – エレガントなトープカラー

貴方がファッションに敏感ならトープカラーが既に今シーズンのトレンドであることはご存じでしょう。
グレーとブラウンを絶妙にブレンドしたこの色は単なるシーズンのトレンドカラーでなく、
クラシックな黒のように長期にわたって人気となるはずです。
M205トープは貴方に特別な存在感を与えるでしょう。


ペリカン 万年筆 特別生産品 M205 ホワイトトータス Classic Edition – トープカラーm205tp-f



輝くクロームカラーのリングとクリップとクラシックなデザインのトープは、
クラシックな優雅さと近代的な雰囲気を併せ持ち、特にブラウンとホワイトのコンビの衣類に映えるでしょう。

磨き上げられたステンレススチールのペン先は4種類の筆記幅が用意されています。
もちろんペリカン万年筆の特徴であるピストン吸入機構が備わっています。
本体とキャップか高級樹脂製で、ボールペンも用意されています。

ペリカンの何十年にも渡るノウハウで生産されたこのシリーズはドイツ製で限定期間販売となります。


ペリカン 万年筆 特別生産品 M205 ホワイトトータス Classic Edition – トープカラー6220m205gy_2

ペリカン 万年筆 特別生産品 M205 ホワイトトータス Classic Edition – トープカラー6220m205gy_3

ペリカン 万年筆 特別生産品 M205 ホワイトトータス Classic Edition – トープカラー6220m205gy_4



仕様
■本体色種類:グレー
■サイズ(長さ)125ミリ、(軸径)-ミリ、(重さ)14グラム
■吸入方法:吸入式
■ペン先:ステンレススチール
■使用ケース:G-5またはGV-300(インク別売)


私自身ファッションには敏感でないので、
このトープカラーが世の女性達にいかに支持されているのかというのは
全く想像すら出来ないで居る。


ふぅ~ん。こんな色がね~




なんて思っていたら、ウォーターマンが、このカラーのボールペンを出していた。


20134_top.jpg



人気の「エキスパート」にトレンドを取り入れた新色がラインナップ
コンテンポラリーなデザインでビジネスに最適なペンとして人気の
「エキスパート」が「エキスパート エッセンシャル」へとリフレッシュ。
これにあわせ、
トレンドを取り入れたユニセックスな新色とクラシックながら高級感漂うメタリック仕上げを新たにラインナップ。
ビジネスからフォーマルまで、さらにはセンスを感じさせるビジネスギフトとしてもご活用いただけます。




失礼いたしました。


ペリカン 万年筆 特別生産品 M205 トープカラーはこちらで。








いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。






  1. 2012/06/25(月) 00:00:00|
  2. ペン(万年筆)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<デルタ ドルチェビータ ミディアム:第5章 2周年篇 | ホーム | PILOT S20 0.3mm:第3章(3周年)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/841-9c6ab4d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ペリカン 万年筆 特別生産品 M205 ホワイトトータス Classic Edition – トープカラー】

Classic Edition 205 – エレガントなトープカラー貴方がファッションに敏感ならトープカラーが既に今シーズンのトレンドであることはご存じでしょう。グレーとブラウンを絶
  1. 2012/06/26(火) 04:46:11 |
  2. まとめwoネタ速neo

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター