銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

ライフログ

記録する。

大昔から人は文字や絵を書(描)いて記録してきた文化を持つ。
最近ではデジタルによって記録させる「ライフログ」が話題となり、
いつしか定着し、当たり前のようになってきている。

もちろんノートも進化を遂げている。

真っ白いノートに罫線だけのルールドを「大学ノート」と言って、
これを使うと言うことは、少し背伸びをした感じになった中学時代。

ルーズリーフの登場で、リフィルのみを入れ替えて使った高校時代。

国試に合格するよう、授業が終わってからの勉強の時間割を作り
システム手帳で時間管理をした自衛隊時代。


ノートの使い方が進化してきた。



そしてここ数年、手帳メーカーによる趣味系ノートが増えている。


わかりやすいところではトラベルノートやワインノート、レシピノートなど。
モレスキンの『パッションコレクション』もそのひとつで、2010年1月のシリーズ発売時には、
「世界的に想像以上の反響があり、商品の品薄状態が続きましたが、現在は安定して供給しています」と
マーケティングの担当者が語るほどだ。


トラベラーズノートは別に旅行にしか使えないというものではなく自由度は高いが、
モレスキンのパッションコレクションにおいてはその目的のためだけに作りましたという、
自由度のほとんど無い、いわばマニアックなノートとなっている。

罫線等も薄く、文字やイラストが映えるように気を配ってあり、
ある専門の事柄に関して記録するためのエキスパートノート。


そのほか受験生や小学生に向けた、勉強への意欲を高めるノート。

研究者向けの研究記録用ノートも。
これは、中抜きを防止する連番記入や改ざん防止パターン。
法的証拠書類にするための日付やサインなど、研究者の知的財産権を守る仕様。
表紙に耐水性に優れた加工が施されたものもだ。

CMで観たこともあるだろう、『天声人語書き写しノート』など、
様々なノートが登場している。


これらのエキスパートノートがリリースされる背景には何があるのか。


記録するためのノートというのは飽和状態で、
どれも同じようなものなのだ。

そこで顧客から選んでもらうために「個性」を設けた。
つまり、「ランチェスター戦略」における、「弱者の戦略」なのだ。
敵を視界に入れることが出来る狭い範囲での局地戦。
大がかりな武器を持たないので射程距離こそ短いものの、
接近戦により敵の勢力を分散させる効果がある。


企業で言うところの「すきま産業」「すきま営業」だ。
多くの人には求められないが、必要としている者は確実に買って行くであろう商品。



そして、デジタルでの記録が勢力を増してきたこと。
ブログ(記録)の登場により、日記みたいに、
気軽にデジタル保存をすることが可能になった。
ホームページを作るより簡単に。
スマホの活用や専用にアプリも作られている。


これもノートを特に若い世代から引き離す要因の一つだ。
ノートを製造販売する企業にとっては死活問題だ。
もちろんノートに文字を記す筆記具メーカーも例外ではない。



その状況を打開し接近戦に持ち込むための武器がエキスパートノートだ。


ガラパゴスではなく環境の変化に対応して進化している
紙商品の強かさと賢さ。合わせるように追随したボールペン(水性ペン)の進化。
ジェットストリームやスラリ、ビクーニャ等書き心地改善。
コレトやフィットのようなリフィル選択自由度の拡大がそうだ。

デジタルに対抗する、様々なノウハウを蓄積したアナログ商品。
まだまだ筆記具は進化して行くであろう。

そしてこれらの進化を目の当たりに出来る文具フェチの私。なんと幸せ者なのだ。



この手のエキスパートノート。
大企業でなくても参入できるところが特徴で、
これから普通の会社員や専業主婦の考え出したエキスパートノートが
ますます誕生するようになると予想する。


書店や文具店で、「○○専用ノート」というコーナーまで出来ているのが目に浮かぶ。


そこでいろんなノートを手にとって悩んでみたい。




いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。

 



  1. 2012/05/31(木) 00:00:00|
  2. 手帳(その他)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1
<<LEICA V-LUX20 :第2章(1周年篇) | ホーム | LAMY 2000 TAXUS :第3章(6周年篇)>>

コメント

多くの人が気づく前にやめている、ライフログの本当のメリット - ライフログの達人が教える本当に役立つ3つの「記録活用法」【奥野宣之×五藤隆介対談】―【私の論評】ライフログは仕事の役に立つ!!仕事を記録しなければ、人生大きな部分の記録が欠落する!!

こんにちは。最近ライフログが注目されるようになってきました。これは、スマホによって簡単にライフログが誰にでも取れるようになったからです。しかし、現在のところ私生活の記録ばかりが、クローズアップされていると思います。しかし、ドラッカーは、「成果をあげる者は仕事からスタートしない。時間からスタートする。計画からもスタートしない。何に時間がとられているかを明らかにすることからスタートする。次に、時間を管理すべく、自分の時間を奪おうとする非生産的な要求を退ける。そして最後に、その結果得られた時間を大きくまとめる。すなわち、時間を記録し、管理し、まとめるという三つの段階が、成果をあげるための時間管理の基本となる」と語ったように、現在ほど会社等の組織における時間管理の重要性が増している時代はかつてなかったと思います。そうして、現在は、スマホというライフログをとることができる強力な武器もあります。これを業務で活用し、私生活だけではなく仕事も記録をすべきと思います。詳細は、是非私のブログを御覧になってください。
  1. 2012/06/06(水) 09:41:54 |
  2. URL |
  3. yutakarlson #.BcbyNME
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/828-808ea277
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ライフログ】

記録する。大昔から人は文字や絵を書(描)いて記録してきた文化を持つ。最近ではデジタルによって記録させる「ライフログ」が話題となり、いつしか定着し、当たり前のよう
  1. 2012/05/31(木) 06:32:48 |
  2. まとめwoネタ速neo

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター