銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

uni JETSTREAM ピュアモルトインサイド

2000年2月に発売した『ピュアモルト』は、
150年の歴史を刻んだ良質なウイスキー樽(オーク材)をペン軸に再利用した、
高級感のあるデザイン性の高い筆記具で、プレゼントにも人気の商品です。

今年(2010年)で発売10周年を迎えた『ピュアモルト』へ、
この度「ジェットストリームインク」を搭載したモデルを発売いたします。
「ジェットストリーム」は、筆記抵抗が低く、「クセになる、なめらかな書き味」が受け入れられ、
2006年7月の発売以来、幅広い層に大変ご好評を頂いております。

今回は実用的な多機能ペンで、1本のペンをスマートに持ち歩くビジネスパーソンをターゲットに、
5機能・3機能の2モデルを用意致しました。


【商品特長】

■高級感あるデザインの5機能モデル

1本でボールペン4色とシャープの機能が揃った5機能モデルは、
デザインの細部にいたるまで仕上がりにこだわった高品位バージョン“oak wood premium edition”です。
グリップ部分は、木目を特に厳選した樽材を採用。
軸本体には、しっとりとした感触のマット塗装を施し、
高級感のあるメタルパーツをあわせたこだわりの1本となっています。

■優しい風合いと個性的なカラーの3機能モデル

3機能モデルでは、木のぬくもりをイメージさせるカラーをグリップ・軸に採用し、優しい風合いに仕上げました。
手帳などの革小物とも相性の良い、ナチュラルなカラーリングです。
さらに、ナチュラルなテイストの3色に加え、2色の限定色を同時に発売。
限定色のボルドーとネイビーは、従来のピュアモルトには無かったあでやかな彩色で、
ビジネスパーソンを個性的に演出します。

■なめらかな書き味のジェットストリームインク搭載

ボールペンには、「クセになる、なめらかな書き味」のジェットストリームインクを採用。
筆記荷重、速度に関わらず低い筆記抵抗でなめらかに書け、濃くはっきりとした描線を表現でき、
描線の乾燥性にも優れています。

『ピュアモルト ジェットストリームインサイド』の初年度販売目標は、約1.5億円を見込んでいます。


【商品概要】

■商品名 :ピュアモルト ジェットストリームインサイド(5機能モデル)
■品 名 :MSXE5-2005-07
■油性ボールペンインク色:黒、赤、青、緑
■油性ボールペンボール径:0.7mm
■シャープペン芯径:0.5mm
■本体軸色:ブラック
■価  格:2,100円(本体価格2,000円)
■油性ボールペン替芯:SXR-80-07 84円(本体価格80円)



2010年11月26日発売開始のプレリリースから。


ジェットストリームのマルチペンはすでにリリースされているが、
いずれもラバーグリップが装着されたものばかり。
(やっぱり好きになれないラバーグリップ)

ピュアモルトシリーズを持つ三菱鉛筆だ。
なめらかさで人気のジェットストリームとコラボするのは時間の問題と、
あらかたの予想はついていた。

インサイドモデルの最高峰、5機能モデルを入手する。

商品名から察するに、ピュアモルトシリーズにジェットストリームを取り入れた。
と言う物だが、これは1,050円で販売されている
ジェットストリーム4+1と同型なのは見て分かる。

「ジェットストリーム with ピュアモルト」くらいにしておけば良かったのに。
インサイドの方が格好いいけどね。


ピュアモルト ジェットストリームインサイド (1) ピュアモルト ジェットストリームインサイド (2)


金額もマルチペンとしては高額の2,100円。
ケースも紙製のきっちりとしたものに納められており、
高額ボールペンを購入したんだと思わせてくれる。

スライド式のケースを開くと、
しっとりとした手触りのペン本体。
マットブラックに薄い膜を被せたような質感で、
テカテカしたプラスチックではなく高級感がある。
グリップ部分にはラバーではなくオーク材がおごられている。
ペン先部分までマットブラックで、良い雰囲気だ。


ピュアモルト ジェットストリームインサイド (3) ピュアモルト ジェットストリームインサイド (4)


スライド圧下式のセレクターも、
赤や青のカラーむき出しではなく、黒いセレクターに細くスリットが刻まれ、
そのスリットにカラーがプリントされており、
ペン全体を黒で統一させている。


ピュアモルト ジェットストリームインサイド (5) ピュアモルト ジェットストリームインサイド (6)


惜しいのはクリップだ。
黒にペイントされていながらなぜ艶ありなのか?
ここはマットにしないと・・・・



でも実際の金額以上に高級感を出すことに成功していると思う。


早速握って試し書き。


書き味に関してはもう語る必要も無いであろう。
私は、このマルチペンのリフィルを0.7mmから1.0mmに変更し、
照射録、カルテ等に使用できるようにした。

立ち位置としては、Bicマルチペンの後任だ。
購入から5年を経過して、かなりくたびれているので、
ここらで選手交代を考えた。

1.0mmリフィルも大量に買い占めてある。当分は問題ない。


握って最初に思うのは、「太い」「重い」。
重さに関しては、木材を使用して4+1のマルチ。
Dr.GRIPのマルチと大差ないのではないだろうか。

「軽い」「細い」ゼブラのクリップオンマルチとは対極に位置するので、
ユーザーが選択する要因の一つになるのは間違いないだろう。

ジェットストリームを長く愛用した者として言わせてもらえれば、
「ジェットストリームは重いペンで書いた方がしっくりする」言うことだ。



ゼブラに続いて三菱が2,000円の高級マルチを出した。
パイロットはどう動くだろう。




JETSTREAMはこちらで










いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2012/05/03(木) 00:00:00|
  2. ペン(マルチペン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<プラチナ万年筆 ♯3776 センチュリー ブルゴーニュ | ホーム | ペン枕>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/825-15e131e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター