銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

ケーシーズ ペントオリジナル ヌメ革モレスキンカバー ポケットサイズ用

ケーシーズ  ペントオリジナル ヌメ革モレスキンカバー ポケットサイズ用 (1) ケーシーズ  ペントオリジナル ヌメ革モレスキンカバー ポケットサイズ用 (2)


当選!キタ━(゚∀゚)━!
数ある応募の中から1名限定プレゼント!



昨年にペンハウスさんの特集する
「あなたのデスク大公開!」で、紹介されているデスクの投票をした。
私のデスクを紹介したのではなく、投票。誤解のないよう。
(私のとっ散らかった机では恥ずかしくて紹介できない)


投票する際、プレゼントというのはあまり意識はしていなかった。
(実はこういうプレゼントって当たったことがないもので)
もちろん投票をしておいて、その後のことは全く忘れてしまっていた。




2月7日。夕方宅配業者の方から受け取った。





KC,s(ケーシーズ)とペンハウスとのコラボレーションで創られた手帳カバー。


ケーシーズ  ペントオリジナル ヌメ革モレスキンカバー ポケットサイズ用 (3)


文具好きなら、知らない人はいない。
RHODIAとMOLESKINE。「メモ帳の雄」と「手帳の雄」だ。

その二つを同時に綴じてしまおうというのだから、
テンションは上がってしまうだろう。


ケーシーズ  ペントオリジナル ヌメ革モレスキンカバー ポケットサイズ用 (5)


そのカバーを作成するは、
KC,s(ケーシーズ)と言って、ブランドプロフィールを紹介させて頂くと、


1990年創業の「KC,s(ケーシーズ)」。
「アメリカの味」「ヨーロッパの精度」「日本の伝統技術」
これら3つの長所を巧みに融合し、妥協を一切排したレザークラフトをすべてハンドメイドで製作。
熟練のクラフトマンにより上質皮革素材に新たな命を吹き込んだ完全ハンドメイド革物の数々。
機械による大量生産では体験できない温もりや革独特の美しいエイジングがご堪能いただけます。
認知度も高く全国の百貨店や有名ジーンズブランドとのコラボだけでなく、
本場アメリカの専門店の店頭にもラインナップ。
素朴なアメリカンカルチャーを愛する人に人気のブランド。




使用する革は、エージングが楽しめるヌメ。
カラーは、ナチュラル・ブラウン・ブラックがリリースされる。
今回頂いたのは、ブラックだ。

モレスキンのブラック。ローディアの黄色。それを包む黒のヌメ。
シンプルでインパクトが強く。連れて行く場所を選ばない組み合わせと考える。
黒いRHODIAでシックにまとめるのもカッコイイ。


では、実際に見てみよう。

ヌメ革と言うことで、表皮には小さな皺が文様のように浮き上がっている。
この文様もその個体を示すもので指紋のようなものである。

やや厚めの1枚革を使用した、非常に贅沢な造り。
しっとりと指になじむ肌触りは、特筆ものだ。
BREEのヌメはやや硬質なのに対し柔らかい感じを受ける。
その分傷等がつきやすいのかもしれない。


ケーシーズ  ペントオリジナル ヌメ革モレスキンカバー ポケットサイズ用 (8) ケーシーズ  ペントオリジナル ヌメ革モレスキンカバー ポケットサイズ用 (9)


しっかりとした縫い上げと堅牢なコバ。
「質実剛健」とも言える良い仕事をしている。


ケーシーズ  ペントオリジナル ヌメ革モレスキンカバー ポケットサイズ用 (7)


1枚革の背中に覆い被さるようにペンホルダー。
クリップ部分以外は覆われているので、
この手帳カバーの長さに合ったペンをチョイスしたい。

サイズは、
・縦:約165×横:約118×厚み:約20mm(閉じた時)
・縦:約165×横:約230mm(開いた時)

165mmなので、おおよそのペンは収まることになるだろうが。




開いてみる。
ペンホルダーが抱きついているので、
パカーっとは開かない。
ただ手で持ったまま筆記しやすい。


ケーシーズ  ペントオリジナル ヌメ革モレスキンカバー ポケットサイズ用 (4) ケーシーズ  ペントオリジナル ヌメ革モレスキンカバー ポケットサイズ用 (6)


右側には、モレスキンのトレードマークのゴムバンドが
取り出せるよう、スリットが入っている。
そのゴムバンドをモレスキンの手帳だけに掛けても、
ぐるっと回して手帳カバー全体に掛けても良い。

ソフトカバーはもちろんハードカバーをセットしても十分なゆとりがある。
ペンハウスでは、モレスキンダブルで行くなら、ソフトをお勧めしている。

モレスキンはハードカバーにこだわりたいと思う私だが、
このケースにはソフトカバーの方が良いかな?


反対の左側には、RHODIA No12を差し込むポケットがあり、
モレスキンのような横開きのメモも差し込めるようにもなっている。
RHODIA No12を差し込んだ場合、カバーの上部には空間が出来る。
(モレスキンとローディアの大きさを考えれば当然)


せっかくRHODIAとモレスキンが綴じることが出来る夢のカバーなのだから、
モレスキン2冊綴じ!なんて言わず、RHODIAとモレスキンで使って欲しいなぁ~


こんな感じで・・・・
ペンハウスさん。ありがとうございました。
大切に使わせて頂きますね。








ケーシーズ ペントオリジナル ヌメ革モレスキンカバーは、こちらで。







いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2012/02/09(木) 00:00:00|
  2. 手帳(MOLESKINE)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<プラチナ 卓上万年筆:第2章 | ホーム | ルイ ヴィトン タイガ エピセア エテュイシガレットジプス 3本用:第2章(1周年)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/808-4530cfa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター