銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

アフタヌーンティー ヌメ革ペンケース:第4章(3年後)

ずっと鞄の中に入れて持ち歩いていたのだが、
システム手帳にデスクペンを使用するようになってから、
お供が変わってしまった。

だいたい普通に考えれば、デスクペンを携行すると言うことはあり得ない訳なのに、
そのペンを鞄に入れるために、デルフォニックスのロールペンケースを使用している。


で、アフターヌーンティーのペンケースはと言うと、
職場の机の上でカパァ~ッと口を開けて鎮座している。


アフタヌーンティー 3年後 (1) アフタヌーンティー 3年後 (2)


中にはジェットストリームと水性ペンが入っている。
その外にはマーカー類がごちゃごちゃと。
ペンケースの中にはさほどペンを収納していないので、
型崩れを起こすようなことはない。


アフタヌーンティー 3年後 (5)



鞄の中から机上に配置変換になったので、
手で持つ機会というのが減ってしまったので、
手垢で黒くなってしまう事は少ないと思う。


アフタヌーンティー 3年後 (3) アフタヌーンティー 3年後 (4)



焼けは室内でも徐々に進み、逞しい色になってきている。
革の端にあるコバが小さくひび割れてきている。
これに関しては・・・・修理も出来ないので放置するしかない。
そのうちポロポロ剥がれてくるのではないかと思う。


アフタヌーンティー 3年後 (6) アフタヌーンティー 3年後 (7) アフタヌーンティー 3年後 (8)




いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2012/02/16(木) 00:00:00|
  2. ペンケース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<余禄89 別離の予感 | ホーム | プラチナ 卓上万年筆:第2章>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/806-673837a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター