銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

LAMY ローラーボール ティポ :第4章(2周年)

早いもので2年が経過する。
Bicのマルチペン同様、常に白衣の胸ポケットにあって、
照射録の記載、メモ書き等、スッと取り出して筆記をしている。

LAMY ティポ 2年 (1) LAMY ティポ 2年 (2) LAMY ティポ 2年 (3)

大きな傷や凹みは無いものの無数の小さな傷のような筋のようなものがある。
ちょっと写真では確認しにくい(それほど僅かなものといえるが)。

LAMY ティポ 2年 (4) LAMY ティポ 2年 (5)


LAMY ティポ 2年 (6) LAMY ティポ 2年 (7)

本体にくっついた小枝のようなクリップを圧下して、
リフィルを繰り出すメカニカルシステムは、
本体に設けられた凹みにクリップ先端の球を滑り込ませて
その引っかかりでリフィルの位置をキープするという、
至ってシンプルな構造のおかげもあって故障知らずだ。


シンプルで機能の高い道具というのは非常に好感が持てる。
それでいてデザインも美しいのだから何も言うことは無い。

本音を言えば、もう少し重くても良いかな。
(メモ書き等殴り書きにはぴったりの軽さではある)
ただ、アルミやプラスチックのボディーがシリーズで採用されていることから、
このペンは軽さもコンセプトの一部なのであろう。


これからも、殴り書きにつきあって欲しい。



LAMYはこちらで。











いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2011/11/07(月) 00:00:00|
  2. LAMY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トラベラーズノート 2012年マンスリー  | ホーム | 余禄86 火垂るの墓>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/777-99c3a0ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター