銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

セーラー 琥珀 万年筆

岩手日日新聞紙面にこう見出しがあった。


「難点乗り越え新商品開発 久慈琥珀とセーラー万年筆」

20110609-k_pen

6月10日から発売される新作の万年筆は、
琥珀専門博物館の運営と琥珀の採掘・製造加工・販売を一貫して行う世界唯一の企業の久慈琥珀と、
日本を代表する万年筆メーカーのセーラー万年筆が2008年にコラボレーション企画をスタート。
加工が難しい琥珀を万年筆の素材に用いるということで、
数々の難点を乗り越えながら完成にこぎ着けたという。

万年筆には、キャップ上部に天然の琥珀が埋め込まれ、
本体は粉末状にした琥珀を加熱・圧縮したものを手作業で加工している。




ショップも紹介している。


saf1103_10 saf1103_11


深い色あいとぬくもりのある輝き、太古の森が生み出した奇跡の宝石「琥珀」を使って、
セーラー万年筆と久慈琥珀株式会社とのコラボレーションにより登場した「セーラー琥珀万年筆」。


地上の樹木の樹脂が土に埋もれ数千万年から数億年の時間をかけて化石化し、
ゆっくりと時間をかけてつくられた「古代の宝石」。
そんな悠久の時を刻む2種の琥珀を軸と天冠いっぱいに使用した万年筆です。


奥深く暖かみのある輝きと優しい手触りを感じていただけます。


琥珀において国内には比類のない埋蔵量を誇る大産地、岩手県久慈地方。
その地で、「久慈琥珀ブランド」として高い信頼を確立している久慈琥珀株式会社にて
厳選した良質な天然琥珀をキャップトップに飾り、
蓋と胴には特殊製法でプレス加工した茶褐色が美しいプレスアンバーを贅沢に使用。



●琥珀とは・・・

琥珀は3千万~1億数千万年前に繁茂していた植物の樹脂が化石化した植物性唯一の宝石です。
このため琥珀の中に昆虫や木の葉などが入り込んでいる虫入り琥珀は、学術的にも貴重です。
東北・久慈地方は日本で唯一の特産地で、昔からお守りとして大切にされてきました。




【仕様】

●蓋栓飾り:天然琥珀
●蓋・胴:琥珀(プレスアンバー)
●大先:PMMA樹脂/ブラック
●金属部品:IPゴールド仕上げ

●サイズ:長さ155.7mm  最大径17.6mm  重さ53.5g
●カートリッジ・コンバーター両用式(コンバーター付)
●専用木製ケース(W212×D154×H68mm)に入れてお届け。

【付属品】
・ボトルインク(ブラック) 1本
・クリーニングクロス 1枚




震災からの復興の足がかりになってもらいたいものだ。





セーラー万年筆はこちらへ。












いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。




  1. 2011/08/01(月) 00:00:00|
  2. ペン(万年筆)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<LEICA V-LUX 20 | ホーム | BRIT HOUSE ブッテーロレザー バイブルサイズシステム手帳:第7章 (3周年)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/744-cb6fbb3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター