銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

LAMY Logo セット

ed75ddbc84


LAMY/ラミーLogo(ロゴ)

LAMYサファリをデザインしたウルフギャング・ファビアンがデザインし、
1983年に販売を開始したLAMY/ラミーロゴ(logo)シリーズは、
普段使いを意識した使いやすさとコストパフォーマンスに優れたシリーズです。

プラスチックボディ以外のLAMY/ラミーlogoモデルは、
クリップの付け根に取り付けられたスプリングにより開閉が自由で、
ポケットやノート、手帳を傷めにくくしています。
無駄が省かれたLAMY/ラミーlogoシリーズは欧米で大変人気があります。

万年筆、ボールペン、シャープペンシル、ローラーボール、
ツインペン(多機能ペン)、マルチカラーボールペンがラインナップされ、
リーズナブルな樹脂ボディタイプから
高級感が漂うヘアラインが施されたステンレスボディのタイプまであります。

ボールペンリフィルは高級モデルLAMY2000やアクセントに用いられている
LAMYのオリジナルリフィルM16を採用、
ローラーボールはインクフローが優れたLAMYオリジナルのM63が採用されています。

万年筆やボールペンの人気もさることながら、
マットステンレスタイプとマットブラックタイプにラインナップされている3色ボールペン(L405とL408)は
シャープペンシルが省かれたモデルですが、細軸で使いやすく大変人気があります。


ドイツ LAMY/ラミー logo(ロゴ)マットステンレスモデルのボールペンとシャープペンシル、
純正本革ペンケースのセットです。


ラミーロゴ紹介だ。

LAMY logo マットステンレス シャープペンシル・ボールペン・本革ケース付きセット LAMY logo マットステンレス シャープペンシル・ボールペン・本革ケース付きセット (1)




樹脂ボディーのモデルは1,000円とリーズナブル。
高価な万年筆でさえ4,000円を下回る。

LOGO 樹脂ボディーの204は廃番になり、ステンレスモデル205は一時輸入を止めたはず。

LAMY logo マットステンレス シャープペンシル・ボールペン・本革ケース付きセット (2) LAMY logo マットステンレス シャープペンシル・ボールペン・本革ケース付きセット (3) LAMY logo マットステンレス シャープペンシル・ボールペン・本革ケース付きセット (4)


やや細身だが軽量で持ちやすい。
特にグリップ部分の幅の広い溝はエルゴノミックグリップ調で握りやすい。
クリップには、ローラーを配しポケット部分の生地を傷めないようにしている。
それもデルタのクリップのように、ローラーを見せるのではなく、
クリップの下に入れ込んでしまい、外からは見えにくいようにして
さりげなくしているところが、バウハウスを感じさせる。

LAMY logo マットステンレス シャープペンシル・ボールペン・本革ケース付きセット (7) LAMY logo マットステンレス シャープペンシル・ボールペン・本革ケース付きセット (8)



ラミーの製品の水準が非常に高いにもかかわらず価格が
競合ブランドよりも低く設定されているのはバウハウス哲学に関係している。

ノック部分は非常に硬い(力を入れてノックしないといけない)ものの、
非常にショートレンジでパシュッとペン先が送り出される。
この感覚は自分の中では新しく面白い。

採用されるリフィルは、定評のあるM16で、真っ黒でヌメッとした官能的な書き心地だ。


無駄を省いたペンと紹介してはいるが、少々デザインにおもしろみがないのも事実。
デザインと機能を重視するメーカーにあっては、少々没した感が否めない。
(私だけが感じているのだろうか?)

LAMY logo マットステンレス シャープペンシル・ボールペン・本革ケース付きセット (5) LAMY logo マットステンレス シャープペンシル・ボールペン・本革ケース付きセット (6)



バウハウスの高性能品を大衆に・・・・の思想は、
大戦時のナチスの思想なのだろう。
フォルクスワーゲン(大衆車の意)を広めた感覚ではないだろうか。

日本で言えば、ホンダのシビック(住民のという意)と相通じるところがあるのかもしれない。
ただ、ホンダはシビックの生産を辞めてしまった(この車種だけは何が何でも残すべきだろ)ので、
私のホンダに対する愛情も薄れつつあるが。(ついつい道が逸れてしまってすみません)





LAMY logoはこちらで。








いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2011/09/12(月) 00:00:00|
  2. LAMY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<My トランク | ホーム | モンブラン マイスターシュテュック 149 18K :第9章 3周年篇>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/732-9eef8d02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター