銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

モンブラン マイスターシュテュック 146:第3章 1周年篇

神戸元町にある、Pen and message.ペンアンドメッセージで
ペン先を調整してもらったのが、2010年のお盆だった。

それ以降146(もちろん149もだけど)は私の手に馴染み、
EF(極細)と言うペン先も相まって、手帳等への記入が多くなる。
自然と携行する機会も増えてくる。

普通にシャツやスーツの胸ポケットに挿すなら、
146と161の2本をチョイスするだろう。

ただ、149の絶対的万年筆が存在する中での146の存在価値を
私の中で色々考えては、咀嚼し、飲み込んでいくという作業をしている。
146と146ユーザーの皆さんに対し失礼を承知で、
また、誤解を恐れずに言わせてもらうと、149があれば146って必要なの?
と、思えてしまっていたのだ。

確かに、149のペンとしての大きさは、苦痛に感じる人も多いかもしれない。
では、146は手の小さい人や女性用なのか?そんな事はあるまい。
149の廉価バージョン?それも違うだろう。
携帯用なのか?


146の存在価値(大げさか)を考えながら、溺愛する149は3本も所有する有様。
この贔屓にもほどがある扱いの差は、子供にしていればグレてしまうだろう。
結局は149に惚れてしまって、146があまり見えていないだけというつまらないオチなのか。


とまあ、こうして1年間過ごしてきたように思う。
私は性格的に好きか嫌いかがハッキリしており、
気に入らない物は近くに置くだけでも気に入らないのだ。

そうじゃなくてワガママなんだと言われることもしばしばだが。

だったら、146からインクを抜いてしまって引き出しの中に仕舞うなり、
本当に嫌なら、売却しても良いのだが、ちょこちょこと筆記してはインクを補充。

会議の議事録や勉強会には、149を連れ歩いて、
帰宅後システム手帳や、「超」整理手帳には146のキャップを回している。
見栄っ張りの典型のような性格。
人目があると派手な149を出撃させておいて、一人になると146を使っている。


ワガママで、見栄っ張りで、物事は斜に構えて見る癖がある。
俺はあまり良い性格はしていないようだ。


口では、偉そうなことを言いながら、普段使いには大いに活用している。
149には惚れているんだろうけど、使い勝手は146が良いと感じているのだろうか?



未だによく分からないが、常に手の届くところに横たわっている不思議な万年筆。





モンブラン 万年筆 マイスターシュテュック 149 ブラック【高級万年筆】【メーカー保証付・送料無料・名入れサービス・ラッピング無料】「ブランド」【ペンハウス楽天市場店】 (99000)

価格:88,957円
(2016/3/24 10:35時点)
感想(0件)







モンブラン 万年筆 マイスターシュテュック ル・グラン 146 ブラック【高級万年筆】【メーカー保証付・送料無料・名入れサービス・ラッピング無料】「ブランド」【ペンハウス楽天市場店】 (74000)

価格:66,493円
(2016/3/24 10:36時点)
感想(1件)







中古モンブラン




いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。




  1. 2011/06/09(木) 00:00:00|
  2. MONTBLANC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<LAMY safari 2011年限定カラー | ホーム | Bicマルチペン:40周年記念限定カラーモデル 5本入り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/730-17b5e579
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター