銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

モンブラン マイスターシュテュック 149 14K :第2章

厳重に緩衝材で保護されて、手元に送られてきた第3のNo.149。


緩衝材を解いてまずは外観から。
情報通り目立つ傷はなく非常に美しい状態だ。
インク窓も目を凝らしてみてみるが、クラック等は入っていない。

モンブラン マイスターシュテュック 149 14K モンブラン マイスターシュテュック 149 14K (1) モンブラン マイスターシュテュック 149 14K (2)

次にペン先の確認を・・・・
もう見慣れたがやはり大きな存在感のあるペン先だ。
14Kと刻印されて、14Cの開高モデル同様に中白のバイカラー。
涼やかな印象の貴婦人・・・・そうでもない。
14Cの「マチルダ」ではないのだ。少々ふくよかな・・・・

モンブラン マイスターシュテュック 149 14K (4) モンブラン マイスターシュテュック 149 14K (3) モンブラン マイスターシュテュック 149 14K (5)


ひっくり返してペン芯を見る。
開高モデルと同じ、2段のエボナイト芯。
なのだが・・・・・やはり開高モデルと受ける印象が違う。

モンブラン マイスターシュテュック 149 14K (7)


まずはエボ焼けを起こしておらず、ゴールド部分のペン先は
美しいゴールドの状態を維持している。
さらに、エボナイト芯がやや太(幅広)く感じる。

早速、開高モデルを取り出しペン先をじっくり観察する。
なるほど、開高モデルの穂先が鋭角な三角形であり、
斜面を内側に削りこんだ形状をしているのに対し、14Kは、切れ込みが少ない。

18Kを引っ張り出して見比べてみる。
14Kのペン先は現行の18Kと、同じ形状と言うことが分かった。

やはり「マチルダ」ではなかったのだ。
14Cの美しさは・・・・他に類を見ない。

この14Kは・・・・どういえばいいのだろう・・・18Kも才媛だが、
その才媛が化粧を落としてすっぴんの姿をさらしたと言おうか・・・・・・
「お!化粧を落とした姿もなかなか良いね」なんて、
歯の浮くような言葉をかけてしまいそうな・・・・・訳が分からん。


モンブラン マイスターシュテュック 149 14K (9) モンブラン マイスターシュテュック 149 14K (10)
※左から、18K 14C 14K


もしかしたら、このペンは現行のように硬いペンなのかもしれないと予想する。
ペン先・ペン芯も傷等はなく美しい。


ピストンの点検。

ピストンを動かすためにペン尻のネジを回し、ピストンガイドを動かしてみる。
???
少々捻れる感じが指から伝わってくる。
ガイドを前後に動かす、螺旋棒が捻れているのか?
螺旋棒は149のアキレス腱とも言われているが。
それともガイドの動きが悪いのだろうか・・・・・・・

購入したばかりのモンブラン トゥフィーブラウンを吸ってみる。
ピストンの動きもスムーズでインクもしっかり吸い上げている。

ん~確かにこの(ペン尻を回す)感触は異常なのだが、どうだろう・・・・・
自分の性格を持ってすればすぐに修理交換といきたい。
でも、可愛いことにちゃんとインクを吸い上げているじゃないか。
もう少しこのまま使ってみようか。もし、ダメなら修理に出せばいいじゃないか。




モンブラン 万年筆 マイスターシュテュック 149 ブラック【高級万年筆】【メーカー保証付・送料無料・名入れサービス・ラッピング無料】「ブランド」【ペンハウス楽天市場店】 (99000)

価格:88,957円
(2016/3/24 10:35時点)
感想(0件)







モンブラン 万年筆 マイスターシュテュック ル・グラン 146 ブラック【高級万年筆】【メーカー保証付・送料無料・名入れサービス・ラッピング無料】「ブランド」【ペンハウス楽天市場店】 (74000)

価格:66,493円
(2016/3/24 10:36時点)
感想(1件)







中古モンブラン





いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2011/05/05(木) 00:00:00|
  2. MONTBLANC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<インク(モンブラン:トフィーブラウン)新ボトル | ホーム | 情報カード>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/719-210145d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター