銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

uni KURU TOGA(クルトガ) 0.5 ローレットモデル

出た!大好きなローレットタイプ。
カラーもシルバーとブラック。某ロットリングみたいじゃない。
(全く某になっていないが)

三菱kurutoga ローレットタイプ 三菱kurutoga ローレットタイプ (1) 

三菱kurutoga ローレットタイプ (2) 三菱kurutoga ローレットタイプ (3)



価格も1,000円とハイクラスモデル並み。
実際、ハイクラスモデルと比べても、グリップ部分が
削り出しアルミからローレットに変わっただけ。
大きな変更点はない。

三菱kurutoga ローレットタイプ (4) 三菱kurutoga ローレットタイプ (5)


ただし、0.5mmオンリー・・・・・・
違うでしょ、三菱さん。
ローレットモデルでしょ?0.3mmや0.7mmも出さなきゃ。
(順次追加モデルとして出てくるのか?)

しかし・・・0.3mmは、待ちきれない。

だったら改造してしまいましょう。

クルトガの分解

まず、0.5mmローレットモデルと0.3mm廉価モデルを準備します。
ローレットモデルは、ローレット部分を外せば簡単に分解できる。

三菱kurutoga ローレットタイプ (6)

廉価バージョンは、やや力業。
先端部分を外す。次にスリーブ部分の黒いパーツも外してしまう。
これで本体からクルトガエンジンがむき出しになった状態だ。

次にどうするかというと、

クルトガエンジン(0.3mmなら黄色・0.5mmならオレンジ)を
机にあててペンシルを垂直に保持したなら、
おもいっきり力を入れて下に押し付けます。
その際、ノック部分を手で覆う等の措置をしないと、
内部のパーツが勢い良く飛び出してくるので注意!

三菱kurutoga ローレットタイプ (7)

これは、調子に乗ってエンジン部分まで分解したもの・・・・後で組み立てて移植。

三菱kurutoga ローレットタイプ (8)


ここまで分解できれば今回の移植は充分。
(エンジン内部まで分解する必要はない)

三菱kurutoga ローレットタイプ (10) 三菱kurutoga ローレットタイプ (11) 三菱kurutoga ローレットタイプ (12)


クルトガエンジン移植


0.3mmと0.5mmのエンジン付パーツをごっそり入れ替えれば、
クルトガ・ローレットモデル0.3mm改の完成となる。

三菱kurutoga ローレットタイプ (13) 三菱kurutoga ローレットタイプ (14)




三菱鉛筆はここから。









いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2011/01/27(木) 00:00:00|
  2. ペン(ペンシル)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<エイジング報告:第4章(BREE) | ホーム | エイジング報告:第3章(ダヴィンチA5)>>

コメント

ゆうさん。

ありがとうございます。

透明なところと言うのは、
エンジン部分の所のことでしょうか?

これは白い本体をしっかり握って、
透明部分をくの字に折り曲げながら
引っ張ると簡単に抜けますよ。
  1. 2012/03/27(火) 14:24:32 |
  2. URL |
  3. 銀狐 #-
  4. [ 編集 ]

透明なところはどうやってはずすんですか
個人的にやりたいことがあるので・・・
  1. 2012/03/27(火) 14:03:39 |
  2. URL |
  3. ゆう #-
  4. [ 編集 ]

STARさん。
ありがとうございます。

祈!健闘!
  1. 2011/02/27(日) 09:39:07 |
  2. URL |
  3. 銀狐 #-
  4. [ 編集 ]

どうやら僕のはメッキの部分ののりが薄く、ローレットの部分ののりが多いようですね・・・
しかし、今、ラジオペンチで粘ったら取れました!!これで、0,3に出来る・・・・・
詳しく教えてくれてありがとうございました!!この方法でローレット(黒)を0,3に出来ます!!
  1. 2011/02/27(日) 09:29:55 |
  2. URL |
  3. STAR #iMK0FLrs
  4. [ 編集 ]

ローレット部分

STARさん。
ありがとうございます。

ローレットは、普通にネジ式になっています。
だから捻って外すことになるのですが、
このネジ部分若干のり付けのようになっていますので、
メッキ部分も回転しそうになりますが、
メッキは両面テープのような物で固定してありますので、
そのままお構いなしに捻っていけば良いんじゃないですか?
私の場合は、のりが少なかったのか、
すんなりローレット(ネジ)が外れました。
  1. 2011/02/27(日) 08:39:33 |
  2. URL |
  3. 銀狐 #-
  4. [ 編集 ]

ローレット部分。

ローレット部分の分解を、詳しく教えてください。
自分がやってもまったく綺麗に外れません。
銀色の部分から外れかけてしまいます。
もうちょっと詳しく外し方を教えてください。
一週間以内に出かける予定があるので、
出来れば一週間以内に教えていただきたいです。
  1. 2011/02/26(土) 19:43:37 |
  2. URL |
  3. STAR #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/696-21ec1cdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター