銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

モンブラン マイスターシュテュック ル・グラン 161

モンブラン スターウォーカー 万年筆とボールペンが私の元を去って
(里子に出した・・・・)
「いざというときの勝負ペン」がなくなってしまった。

なぜ手元を離れたかって?いろいろあるんです。

ここで言うところの「勝負ペン」とは、ボールペンのことだ。
万年筆でも良いのだが、サインをするときはボールペンだ。

top


最初は、別にいらないか・・・と思ってもみたのだが、
普段の業務ですらボールペンにこだわって、職場からのボールペンを使っていないというのに
大きな買い物等、重要なサインをする際に相手の差し出すラバーグリップのボールペンでは、
どうも抵抗がある。(中には良いボールペンを差し出す店(人)も希にある)

別に気取っているわけでも何でもなく、
自分のサインは自分の「勝負ペン」でというのは私には自然なのだ。

そこで私が選んだのは、モンブラン ボールペン マイスターシュテュック ル・グラン 161。
モンブラン マイスターシュテュック149や146を所有している上で
161ルグランを選択するのは正常な判断であると自負している。


決して164クラシックではないのだ。
 

しかし、146とドルチェビータを立て続けに購入した私の体力(財力)はそう残っていなかった。
ここは、時間をかけてゆっくりとお金を貯めてから・・・・と思っていたのだが、
146を紹介してくれた人に161について聞いてみたところ、
「中古扱いだが新品並み」があると言われた。(何度聞いてもややこしい)
金額を聞いたがやっぱり安い。(モンブランにしてはですよ)
もう、購入を決心した。(半分やけくそだ)


メールのやり取りから2日後それは送られてきた。


濃紺のケースに入れられてリボンまで付いて。
リボンをほどきケースから取り出す。

モンブラン マイスターシュテュック 161 モンブラン マイスターシュテュック 161 (3)


失礼だが、ややメタボな体型だ。
しかし、貫禄というか風格すら感じる。
スターウォーカーの浮かび上がるモンブランスターに
何ともいえない格好良さを感じたが、
この161は重みのようなものを感じる。


モンブラン マイスターシュテュック 161 (4) モンブラン マイスターシュテュック 161 (5) モンブラン マイスターシュテュック 161 (6)


ツイストメカニズムの本体を捻りリフィルを出してみる。
このシルキーさには唸ってしまう。
そして最後に「コクッ」とリフィルを固定する段がある。
これも上品で感じが良い。
もちろんスターウォーカーのそれもシルキーだったが、
微妙に違ったような・・・・・

モンブラン マイスターシュテュック 161 (7) モンブラン マイスターシュテュック 161 (8) モンブラン マイスターシュテュック 161 (9)


とにかく筆記のたびにこのシルキーさを指で感じることができるとは、
指も喜んでおります!と言いたくなる。

リフィルは、スターウォーカーと同じジャンボリフィル。
もしかしたら交換するかも・・・・もちろん自己責任で。





モンブラン 万年筆 マイスターシュテュック 149 ブラック【高級万年筆】【メーカー保証付・送料無料・名入れサービス・ラッピング無料】「ブランド」【ペンハウス楽天市場店】 (99000)

価格:88,957円
(2016/3/24 10:35時点)
感想(0件)







モンブラン 万年筆 マイスターシュテュック ル・グラン 146 ブラック【高級万年筆】【メーカー保証付・送料無料・名入れサービス・ラッピング無料】「ブランド」【ペンハウス楽天市場店】 (74000)

価格:66,493円
(2016/3/24 10:36時点)
感想(1件)







中古モンブラン




いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。




  1. 2010/10/28(木) 00:00:00|
  2. MONTBLANC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<インク(セーラー:ジェントルインク 限定品 「色織々」)秋篇 | ホーム | Bic リアクションボールペン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/672-7e0e91e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター