銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

加藤製作所 セルロイド 万年筆 銀狐

カトウセイサクショ セルロイド万年筆 銀狐 (2) カトウセイサクショ セルロイド万年筆 銀狐 (3)


「ブツは、どうやって手に入れた?」


ネットで「銀狐」を紹介していた店にメールを送ったという。
もう在庫はない事は承知の上で。

返事には、少しだけ在庫は存在する。オークションに出品する予定だ。とあったらしい。

そこから友人と業者のバトル・・・いえいえ交渉が始まった。
結局、定価で1本ずつを譲って貰う事にしたらしい。


ん~強引に「縁」をたぐり寄せてしまったみたいで少々戸惑ったが、
私の手の中にあるのは事実・・・・


rare_select_146


ブツを抱えて早々にパーキングから抜け出す。

帰宅後、万年筆を試してみる。
ボディーはボールペンと同じ。キャップはネジ式だ。
シュミット製のやや小振りのペン先。
サイド部分は丸く処理され細く見える。

試し書き風に、ペン先をインク瓶に漬けて書いてみる。

硬い感じだがカリカリではない。
「シャリシャリ?」いや、「サリサリ」と言う感触。

カトウセイサクショ セルロイド万年筆 銀狐 (4) カトウセイサクショ セルロイド万年筆 銀狐 (5)


149とも異なる硬さ・・・・

149がBMWのMスポーツならば、銀狐はライトウエイトスポーツの名車、
「AE86」だろうか・・・・・

元々軽い車体をさらに極限まで絞り、不要な物を一切排除し、
タイヤのグリップ性能を超えスライドを始めても
アクセルとハンドルで姿勢をコントロールできる優れたボディー剛性と足回り。


通常のタウンユースでは少々硬いと思われるが、
限界時にコントロールできる能力。


しっかり踏ん張りを見せるペン先に驚くほど軽い本体。
それでありながら、ペン先が紙を離れるとき、
「フッ」と力が抜ける瞬間も下品にならない。

ボールペン同様ショートサイズではあるが、
本格的なネジ式キャップ。透き通ったボディー。
スマートなペン先はこのボディーによく合っており、
全体のシルエットを美しくしている。

広がったペン先に慣れている私には新鮮に映る。


「銀狐」は、ボールペン・万年筆ともにスマートな
パーソナルサイズではあるが存在感があり、
オールスケルトンではない上品さが神秘的なシリーズだ。

入手してくれた、やくざのような友人に感謝しつつ、デスクの引き出しに収める。
(ダメだ、もったいなくて使えない・・・・)


カトウセイサクショ セルロイド万年筆 銀狐 (9)


カトウセイサクショはこちらで。
(在庫等不足し供給も不安定です売り切れの場合は容赦ください)






いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。




  1. 2010/08/19(木) 00:00:00|
  2. ペン(万年筆)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<パーカーペンラップ :第3章(5周年) | ホーム | 余禄78 しがみつかない生き方>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/651-c46d3e03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター