銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

加藤製作所 セルロイド ボールペン 銀狐

故 加藤氏が命を吹き込んだセルロイド製筆記具の中に、「銀狐」という名のボールペンがある。
亡くなる少し前に作られたもので世に出回っている数は驚くほど少ないという。

友人に「銀狐」というモデルが存在している事を教えて貰ったが、
時すでに遅く入手できるものではなかった。

これも縁で、今その存在を知るという事は、
私の手にくる物ではなかったと言う事なのだ。

本当に氏の作品を愛する人に大切に使って貰えれば、「銀狐」も
幸せだろうと自分に言い聞かせ、あえて入手に奔走しなかった。
実際はオークションにでも出てこない限り入手は不可能に近かった。

私に存在を教えてくれた友人にも同様の話をしてあきらめた。


それからどれだけの時間が過ぎたろう・・・・・

その友人に呼び出された。
「何事?」 待ち合わせのパーキングで友人の車の助手席に座ると、
友人はニヤリと少々不気味な笑顔を見せると、
カトウセイサクショのペンケースを2個手渡された。

「??」
箱を開けてびっくり。「銀狐」が2本。
正確には「ボールペン」と「万年筆」だった。

カトウセイサクショ セルロイド万年筆 銀狐 (2) カトウセイサクショ セルロイド万年筆 銀狐 (3)


「万年筆もあったのか・・・」
ボールペンの画像は見た事があるので承知していたが、
万年筆が存在する事は知らなかった。

ややショートで手帳に挿して使用できるバーサタイルサイズ。

白いボディーに黒の細い線がランダムに入り狐の尻尾を連想させる。
キャップを開けると、キャップが透けている。
白い部分と、線の入っている部分以外は透明なのだ。
その透明部分が少し黄金色になっている。
使用するに耐えるだけの強度を残し、限界まで薄く削られている。

カトウセイサクショ セルロイド万年筆 銀狐 (6) カトウセイサクショ セルロイド万年筆 銀狐 (7)


キャップを裏から眺めるだけで唸ってしまう。
キャップはパチンとはめる、嵌合式。
いざの筆記に素早く対応できる。
このサイズのボールペンにはその迅速対応が求められるのだ。

リフィルはFサイズ。
これも手帳筆記に向いている。

白に黒そしてスケルトンゴールド。
なんとも綺麗で、氏のイメージする「銀狐」とは、これなのか。


カトウセイサクショ セルロイド万年筆 銀狐 (8) カトウセイサクショ セルロイド万年筆 銀狐 (9)


自分と同じ名を持つ筆記具・・・・・
愛しさとかわいさを抱いてしまう。


次は万年筆。




カトウセイサクショはこちらで。
(在庫等不足し供給も不安定です売り切れの場合は容赦ください)







いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。




  1. 2010/08/05(木) 00:00:00|
  2. ペン(ボールペン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<モレスキン 2011年ダイアリー 手のひらサイズで鮮やかな6色 | ホーム | BREE システム手帳(25mmリング):第5章(1周年)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/650-e0341d0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター