銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

デルタ ドルチェビータ ミディアム:第1章

001090002403202 6


「太陽の国・イタリア」らしい鮮やかな色を放つデルタは
1982年イタリア・ナポリに創設されました。

創業以来、瞬く間にその地位を築き上げ、1994年にはナポリで開催された
「G7先進国首脳会議」の調印式にも採用されました。

2004年にも日本のTV番組に取り上げられ、
その番組の主人公であった俳優・風間杜夫氏のモデルを製作し、
限定品で市販をして話題になりました。

DELTAの不滅の代表作「ドルチェビータ」(「甘い生活」)は
映画監督フェディリコ・フェリーニの名作「甘い生活」から銘銘されました。

本体のオレンジは何ともいえない素敵な色合いが出ていて、
そのオレンジと黒のコンビネーションは、まさに「イタリア」
地中海の太陽を想像させ「甘い生活」というロマンチックな響きがぴったりです。



「書斎館」 http://www.shosaikan.co.jp/ より。


4



また、2007年公開の日本映画「クローズドノート」
(行定勲監督:沢尻エリカ主演)で使用され、タイアップされた。



今現在私の持っている万年筆は、モンブランに代表される
オーソドックスな葉巻型。
色も黒もしくは黒系統が圧倒的に多い。

底抜けに明るく艶やかな色を見ると、
「こう言うのもアリだな」と思えるから万年筆はおもしろい。


オレンジや黄色を用いた万年筆など、たくさんリリースされているが、
ドルチェビータのように深みのある上品なオレンジで、
大理石のような、一つの芸術作品のような、それにはお目にかかった事がない。



では、なぜ、私がここでドルチェ・ヴィータ(Dolce Vita)を
紹介しているかというと・・・・・・・


「惚れたから」


おかしいのだ。
私は職人や質実剛健という言葉が大好きなのに、
見た目でやられてしまった。簡単な男だ。


top2 s-dlt-dmv-1



色々調べてみると、インクの出がやや渋いときがあるという、
意見が少々。後はノープロブレムみたいだ。
昔のように、イタリア製万年筆と言う事で敬遠しなくてもよさそう。


どうせ我が家にはイタ車もあるし・・・・万年筆も良いか。



ドイツ生まれの才女とお付き合いして、
さらに伝説の才女を紹介して貰うところまでこぎつけたというのに、


イタリア娘に心がときめいた。
仕方ないだろ。 小悪魔(アルティマ)なんだから。


開高健氏の14Cモンブランが・・・・甘い生活に呑みこまれていく。

どうなっていくのでしょう。


多分、氏は、肩「カックン!」で、「そっちかい!」と
ツッコミを入れているかも分からない。



「ゴメンね!先生」





デルタ 万年筆 ドルチェビータ スリム バーメイル【高級万年筆】【送料無料・名入れサービス・ラッピング無料】 (63000)

価格:46,305円
(2013/5/21 10:11時点)
感想(3件)







いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。






  1. 2010/09/09(木) 00:00:00|
  2. ペン(万年筆)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<インク(モンブラン:ブラック)新ボトル | ホーム | Bic Glue Stick>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/645-c3512a75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター