銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

マルマンスケッチブック50周年記念「図案シリーズ・復刻版」

maruman-zuanh 7186175


スケッチブック「図案シリーズ」の量産が始まったのは1958年のこと。
2008年に50年の節目を迎えたことを記念して、
当時の仕様を忠実に再現した「復刻版」が発売された。


特製カートンに、スケッチブック、特製のトンボ鉛筆、
図案シリーズの歴史を紹介した小冊子が入った、限定5,000個のセット。


■スケッチブック:
 ・スパイラル製本 画用紙並口(中性紙)126.5g/平方メートル
 ・B4判 352×251mm 24枚

■トンボ鉛筆「8900」
 ・芯硬度 2B

■ヒストリーブック「私の名前をご存じですか?」
 ・B5判 20ページ


マルマンスケッチブック50周年記念「図案シリーズ・復刻版」 (2)


1958年。私はまだ生まれていなかった。
その時代、日本は高度経済成長を迎えつつあり、初めて一万円札が登場。
とても忙しかったけれど、日本中にたくさんの夢があふれていた。

まだ、デザインという言葉が広まっていなかった時代に深い緑と黄色のダイナミックな
コントラストの本格的なデザインを表紙に取り入れたスケッチブック。

多くの学校でも活躍するようになったこのスケッチブック見覚えないだろうか?
水彩やクレヨン、鉛筆で、美しい風景や愛しい人の姿、描いた記憶はないだろうか?


私はこのスケッチブックは「美術部」の印象が強く。
高校時代、美術部で油彩画を書くときの下書きはこのスケッチブックだった。
また、バイクに縛り付け、気に入った風景を鉛筆でスケッチして、
家で油彩画に起こしていた。

何とも懐かしい。

マルマンスケッチブック50周年記念「図案シリーズ・復刻版」 (3) マルマンスケッチブック50周年記念「図案シリーズ・復刻版」 (4)


憎い事に、トンボ鉛筆「8900」。
日本一のロングセラーといわれるトンボ鉛筆「8900」の
オリジナルロゴを施した鉛筆半ダース(2B)も梱包されている。

マルマンスケッチブック50周年記念「図案シリーズ・復刻版」 (5) マルマンスケッチブック50周年記念「図案シリーズ・復刻版」 (6)


さらには、marumanの前進「丸萬商店」の製品出荷用段ボール箱を
イメージした特製カートンに同梱されているのだ。

マルマンスケッチブック50周年記念「図案シリーズ・復刻版」 マルマンスケッチブック50周年記念「図案シリーズ・復刻版」 (1)


余談ではあるが、「マルマン」スケッチブック柄の車が、
大丸藤井セントラル(札幌市中央区南1西3)1階で展示された。(2008-09-25)

1222337472_photo


古き良きスケッチブック。
子供の世代にも使って欲しいと思う。


マルマンスケッチブック50周年記念「図案シリーズ・復刻版」は、こちらで。
※限定商品に付き売り切れの際は了承ください。







いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。




  1. 2010/05/20(木) 00:00:00|
  2. 文具雑品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<加藤製作所 セルロイド製 ボールペン 改造 | ホーム | セーラー キングプロフィット:第9章 3周年篇>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/621-21326405
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター