銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

LAMY 2000 4pen: 第5章(2代目登場)

LAMY 2000 4pen: 第4章(4周年)

http://bunguinari.blog87.fc2.com/blog-entry-554.html

のなかで、私はこういっている。

今、このLAMY 2000 4penに関して悩んでいることがある。
それは「もう1本購入しておくか否か」と言うこと。
もちろんこのペンは使える限り使い続けるのではあるが、
もし販売中止(ありえないか?)にでもなったら、
使いたくても使えなくなる・・・・

確かに杞憂なのだが・・・・・・




手に入れてしまった!もう1本。

LAMY 2000 4pen 2号機 LAMY 2000 4pen 2号機 (1) LAMY 2000 4pen 2号機 (2)


「アホちゃうか~」という皆さんの意見にも、
「放っておいてください」と言います。(笑)

LAMY 2000 4pen 2号機 (3) LAMY 2000 4pen 2号機 (4)

LAMY 2000 4pen 2号機 (5) LAMY 2000 4pen 2号機 (6)


同モデルを並べて・・・・

おわかりいただけます?上が2代目で下が初代。

こんなに綺麗な黒だったっけ?
備長炭のような何とも深い色合いで、
光を一切反射しないような、つや消しの黒。

緩やかなカーブを描くその表面には、細かくヘアーラインが施されている。
本体部分のヘアーラインはペン先とノック部分のアルミにまで延び、
ペン全体を伸びやかにしている。

それに比べ、4年と半年が経過した初代はというと、
全体のヘアーラインは大半が取れかけて、
炭のようなつや消しの黒は、ヘアーラインの消失に伴い、
テカリのような輝きのような・・・・・・
結構ピカピカしている。(笑)

また、上質な黒もやや白っぽく退色したようにも見える。


2本並べてみて、改めて毎日握っていたんだと思った。
最近では、ジェットストリームボケしている
持ち主のお陰で少々出番は少なくなったものの、
システム手帳のペンホルダーに収まり睨みをきかせている。

uniさん、ジェットの4Cタイプ替芯作ってくれない?
(お願いだから・・・・)


やっぱり、LAMY 2000 4penは・・・・・・・最高やね。

もちろん2代目は使わずに引き出しの中に大切に保管されています。


LAMY 2000 4pen はこちらで。












いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。




  1. 2010/04/29(木) 00:00:00|
  2. LAMY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<BREE システム手帳(25mmリング):第4章(6ヶ月後) | ホーム | ステッドラー トリプラステキスト サーファー>>

コメント

皇帝ダリアさん

ありがとうございます。
そう思っていただけると嬉しいです。

ジェットの4C化ですが、
OHTOの低粘度インキや、
水性ペンすら4Cに採用されている今、
個人的に技術がどうこうでは無いように感じます。

商売の戦略のようなものがあるのではと、
勝手に推測はしています。
  1. 2010/05/06(木) 08:19:18 |
  2. URL |
  3. 銀狐 #-
  4. [ 編集 ]

わかりますその気持ち

もう1本手に入れた銀狐さんの気持ち。
決して、「アホちゃうか~」とは
思いませんよ!!

むしろ「うんうん」ってうなずけます。

多分ジェットの4Cを希望している
人は多いですし、きっと企業にも
その声は届いていると思いますが
実現出来てないのはやはりあの
低粘度インクを4Cにするのは
技術的に難しいんじゃないかと
いうのが私の意見です。

とはいえ、私もジェットの4C化
希望です!!
  1. 2010/04/30(金) 22:55:21 |
  2. URL |
  3. 皇帝ダリア #67LIWXyg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/617-df5a494d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター