銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

ELECOM SCOPE NODE(スコープ ノード)

少し文具から離れるのだが、机上の物として紹介したい。

elecom_01

scopenode_02_r1_c1 scopenode_05 scopenode_top



「ペンのような使用感」を実現したワイヤレスレーザーマウス“SCOPE NODE”
指先の気持ちがカーソルにそのまま伝わる「ペンの使用感に基づいた形」という、
従来のマウスとは異なる、新しいコンセプトを持った
3ボタンワイヤレスレーザーマウス"SCOPE NODE(スコープ ノード)"です。


センサー方式には、従来の光学式マウスに比べて、
コントラストの低い場所でも精度の高い認識率を誇る「レーザーセンサー」を採用しており、
マウスの微細な動きをカーソルに正確に伝えることができます。
“SCOPE NODE”ではさらに、1600カウントという高い分解能を搭載し、
その研ぎ澄まされた反応力を、より正確に伝えることができるようにレーザーセンサーの位置を、
ペン先と同じ位置にあわせました。「紙とペン」を「画面とマウス」に置きかえ、
人間が本来、文字や絵を描くときの「ペンを持つ」感覚でマウスを操作できるようにしたのです。

また、操作性を向上させる、最適な重量バランスを実現しています。



エレコムではこのように紹介している。


実際の所、レーザーマウスであろうと光学マウスであろうと、
通常のPC使用だ。大して影響しないし、
違いなんて使用して分かるほど神経質でもない。

デザイン!この一言に尽きる!


かつて、衝撃的なデザインをもつマウスが存在したが、
2002年末頃発売され、今では生産中止となっている。


M-MAPP1SMシリーズ(士郎正宗デザイン) 標準価格 各\7,500(税別)

M-MAPP1SM_IMG_L

M-MAPP1SMBK_01_L M-MAPP1SMSV_01_L M-MAPP1SMWH_01_L


士郎正宗氏 プロフィール

マンガ家
82年に同人誌市場にデビュー。以降主な作品として「アップルシード・シリーズ」
「ドミニオン・シリーズ」「攻殻機動隊」など。
アニメ家としての主な作品は「ブラックマジックM66」。
そのほか、ゲームや画集などさまざまな制作分野で活躍。



M-MAPP1KHシリーズ(カトキハジメデザイン) 標準価格 各\7,500(税別)

M-MAPP1KH_IMG_L

M-MAPP1KHBK_01_L M-MAPP1KHSV_01_L M-MAPP1KHWH_01_L


カトキハジメ氏 プロフィール

メカニックデザイナー・イラストレーター
91年にOVA「機動戦士ガンダム0083」で本格的にメカニックデザイナーとして活動を開始。
以降TVアニメ「機動戦士Vガンダム」「機動武闘伝Gガンダム」「新機動戦記ガンダムW」、
ビデオゲーム「電脳戦機バーチャロン」のメカデザインを担当。
この他にも、ガンプラのデザイン監修も手がける。


士郎正宗氏とカトキハジメ氏がデザインした、
先鋭的なフォルムが特徴のイメージセンサマウス登場!

こういう表現で、購買意欲をあおっていた。
ただ、残念なことにその当時、販売そのものを知らなかったのだ。
前者の「士郎正宗デザイン」なんかは完璧にツボのデザインだった。
実際はチープだったらしい。


尖ったデザインと造りの安っぽさの落差、
そして高価な価格設定のバランスが悪かったのか。
メーカーとして売れなければ困る数に達するほどには、
一般受けするものでもないのかもしれない。


でも、欲しかったなぁ~



それ以来あまり「おお~!」っと思わせるマウスは現れず、
普通のマウスを使用していた。
(せいぜいのこだわりはワイヤレスと言うくらい)



みつけたよ・・・・・・・
士郎正宗「風」のメカニカルなマウス。
久しぶりに購買意欲がわき上がってくる。


カラーは3色。ブラック・光沢シルバー・マットシルバーがあり、
つや消しブラックの(ブラック M-SN2DLBK)を購入。

4953103210448 4953103210394 4953103210400


マウスは3本のネジで台座に固定されていた。
ネジで固定されたマウスを購入したのは初めてだ。
マウスの裏側に3個のピッチ孔が存在する。
しかし、この穴・・・・・使い道がそれ以外無い・・・・
だったら「しょうもない穴なんか開けるな!」と言いたい。

単4乾電池1本で作動するスコープ ノードは軽く、
今使用しているワイヤレスマウス(単3乾電池2本使用)より、
よっぽど軽い。
手にした感覚はややプラスチッキー。
若干チープではあるが、

色合いであったり、風貌から来るメカニカルな雰囲気は他に類を見ない。
(実際これに惚れてしまって購入したんだから)

elecom-scope-node elecom-scope-node (1) elecom-scope-node (2)

elecom-scope-node (3) elecom-scope-node (5) elecom-scope-node (6)


一般的なマウスは腹の中央にセンサーが配されるが、
スコープ ノードは親指先端部分の丸い部分にセンサーがある。
つまりは、「ペンの使用感に基づいた形」だが、
この位置であるのは実際にペンを握った時のペン先の位置になるからなのだとか。

elecom-scope-node-m-sn1ul-pen-precision-mouse-2 elecom-scope-node (4) Scope-Node-Wireless-mouse-2


それとマウスの性能で大切なことがある。
マウスの握り方は人それぞれだろうが、操作の際に手首側が支点になるのは共通であり、
センサー部は支点部分から遠い位置にあるほうが、細かい操作が行いやすい。

つまり、マウスの腹の中央部にあるより、親指先端部の方が、
支点から遠くに存在しており操作性に優れていることに「理論上」なるのだ。


では、実際に使ってみてペンの使用感は・・・・わからん。
ってオイ!「猫に小判なのか?」


スタンダードな3ボタン方式の製品であり、マルチボタン、カウント数切替ボタンなども存在しない。
これで、標準価格 9,870円[税込]って・・・・・・高くないか?

しかし分解能は1600dpiと非常に高い。少し動かしただけでポインタが敏感に反応する。
ん~せめてカウントボタンくらい付けてくれても良かったんじゃないの?



ま、全てはデザインだわ。何でもない3ボタンマウスを持ってきて、
「シンプルさが良いのさ」なんて言えてしまえる。
「あばたもえくぼ」的魅力にとりつかれてしまった。


だって、ザクやドムの手の甲に雰囲気が似ているよね~
結局はガンダムネタ・・・・お後がよろしいようで。


SCOPE NODE ワイヤレスはこちらから。(安く探せます)







SCOPE NODE USB接続はこちらから。








いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。




  1. 2010/04/08(木) 00:00:00|
  2. 文具雑品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<余禄74 自爆する若者たち… | ホーム | HIGHTIDE×RICE-DESIGN STICK TIME MEMO>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/611-65d52961
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター