銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

ぺんてる グラフペンシル・メカニカグラフ(0.3mm)

ぺんてるグラフペンシル・メカニカグラフ(0.3mm) ぺんてるグラフペンシル・メカニカグラフ(0.3mm) (1) ぺんてるグラフペンシル・メカニカグラフ(0.3mm) (2)

1966年 グラフペンシルがグッドデザイン賞受賞。
それから40年以上販売され続けている製図用シャープペンシル。

ぺんてるグラフペンシル・メカニカグラフ(0.3mm) (3) ぺんてるグラフペンシル・メカニカグラフ(0.3mm) (4) ぺんてるグラフペンシル・メカニカグラフ(0.3mm) (5)

私の印象は、「大学に通う兄貴のシャープペンシル」なのだ。
近所の同級生の兄貴がノートにこれを挟んでいるイメージがある。
実際にそのシーンに出くわしたのかも知れないが・・・・定かでない。
子供時代に通っていた狭い文具店にあまり目立たず、さりげなく置いてあった。
派手さもなくあまり見向きもしなかった。


それが40年以上も経って未だ店頭に並び続ける凄さは感心するしかない。
LAMY2000のようなものか・・・・・・


昔デビュー時は、種類も多く
0.2mmから0.7mmまで多岐にわたる。(もしかしたら0.9mmも存在したか?)
中でも0.2mmは、他でリリースしているのだろうか?

なかなかスマートなデザインで、グリップ部分もやや細く
先に行くに従いテーパーが付いており、
ロットリングなど最近の製図用ペンシルに採用されている、
円柱グリップではない。

だから、書きにくいのかと言われればそうではなく書き良いのだ。
そして何より軽い。が、チープではない。
なんなのだろう・・・・・派手ではないが華のあるペンシル。


ノック部分にはキャップがありそれを外して芯を補充する。
芯一つ補充するに少々面倒な手続きが必要となる。
これもステイタスなのかなあ。

ぺんてるグラフペンシル・メカニカグラフ(0.3mm) (8) ぺんてるグラフペンシル・メカニカグラフ(0.3mm) (7) ぺんてるグラフペンシル・メカニカグラフ(0.3mm) (6)  



これを手にして、私も近所のお兄ちゃんとやっと同等になった気がする。




ぺんてる グラフペンシル・メカニカグラフ(0.3mm)は、こちらで。






いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。




  1. 2010/02/08(月) 00:00:00|
  2. ペン(ペンシル)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ぺんてる グラフレット(0.3mm) | ホーム | LAMY コンバータ>>

コメント

2人目のお通りすがりさん。

ありがとうございます。
良く似たものだけど、違うらしいですね。

すみません。勉強不足でわからないです。
わかったら教えて下さい。
  1. 2014/03/18(火) 07:49:27 |
  2. URL |
  3. 銀狐 #-
  4. [ 編集 ]

0.3グラフペンシルと0.3メカニカグラフは何が違うのですか?
  1. 2014/03/17(月) 20:21:56 |
  2. URL |
  3. 2人目のお通りすがりさん。 #-
  4. [ 編集 ]

通りすがりさん。

ありがとうございます。
なるほど!そういう使い方でしたか。
これならペン先の保護ができますね。

お教えいただきありがとうございました。
  1. 2013/05/20(月) 07:47:21 |
  2. URL |
  3. 銀狐 #-
  4. [ 編集 ]

>ノック部分にはキャップがありそれを外して芯を補充する。
それは先金保護用のキャップです。
紛失しないように軸の後部に装着できますが、保管や携行の際には先端に取り付けておきます。
  1. 2013/05/20(月) 00:22:29 |
  2. URL |
  3. 通りすがり #G91RSZjw
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/595-8756a040
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター