銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

銀狐の手帳術:第19章 2010年タイムマネージメント・アイテム

2009年は、またもや、システム手帳を試行した。
フランクリンプランナーと熊谷式夢手帳を使い込んでみた。
両者とも基本とするコンセプトはほぼ同じである。

なりたい自分をイメージし、何年後かに設定する。
そのなりたい自分となりたい自分の差がその何年間で埋められるよう
努力するというものだ。
フランクリンはその目標設定がどうもぼけてくる。
大きな石とか小さな石とかふるい分けるのが面倒になる。

頭にスッと入ってくるのは熊谷式夢手帳だ。
この理論は私の思考回路に向いている。

しかし、使いやすいのはフランクリン。

夢手帳は、夢と行動、思考の3本柱で構成され、
転記したりそれぞれを連動させるのが面倒でややこしい。


今年は昔のA5時代のように「自作」にこだわってみた。

昔はA5をメインとしていたがバイブルに変更。
それに「超」整理手帳、A7メモを絡めていくスタイルはすでに確立されている。


デルフォニックス A7 2010年ウィークリー 装着 デルフォニックス A7 2010年ウィークリー (1) デルフォニックス A7 2010年ウィークリー 装着 (2)

A7手帳(デルフォニックス ダイアリーリフィル ミニ 週間+A7メモ)
・・・・・常時携行し様々な情報を記入。
http://bunguinari.blog87.fc2.com/blog-entry-563.htmlにて説明。

ダイアリーリフィルバイブル 2010 ダイアリーリフィルバイブル 2010 (1) ダイアリーリフィルバイブル 2010 (2)

ダイアリーリフィルバイブル 2010 (3) ダイアリーリフィルバイブル 2010 (4) ダイアリーリフィルバイブル 2010 (5)

バイブルサイズシステム手帳①
・・・・・自作ダイアリー(見開き1日)レイアウトは、
     熊谷式夢手帳の【行動手帳】G本日のスケジュールを参考にアレンジ。

     またその日に実施する事があらかじめ決まっているものについては、
     行動をあらかじめTO-DO等に印刷。

     左ページにタイムプラン、右はフリーページとして罫線もない白紙(無地)とした。
     実は、タイムプランを熊谷式の右側、フランクリンの左側にするか、
     悩んだ結果、フリーページを重視する事にしたので、フランクリン式を採用した。

ダイアリーリフィルバイブル 2010 夢手帳 ダイアリーリフィルバイブル 2010 夢手帳 (1) ダイアリーリフィルバイブル 2010 夢手帳 (2)

ダイアリーリフィルバイブル 2010 夢手帳 (4) ダイアリーリフィルバイブル 2010 夢手帳 (3) ダイアリーリフィルバイブル 2010 夢手帳 (6)

     
バイブルサイズシステム手帳②
・・・・・夢手帳の【夢手帳】と【思考手帳】ノートを綴じる。

2010年リフィル 2010年リフィル (1) 2010年リフィル (2)

2010年リフィル (3) 2010年リフィル (4)

「超」整理手帳
・・・・・行動の基準。この手帳に行動を簡単に記載。
     A7から得た情報。思考から出される行動と自己啓発。
     業務と企画。自治会活動。
     これは全てここに集約される。そしてバイブル手帳に転記される。司令塔的存在。

     自作整理手帳。
     A3用紙に5週間分+糊差し込みしろをプリントアウト。
     3枚を糊でくっつけ約3ヶ月分で使用している。
     片面印刷なので、若干かさ張る。


色々悩んで試行錯誤。
2008年にやっと形らしきものが出来て、2009年はこのスタイルで行こうとした矢先、
熊谷式の夢手帳が気になりだして、4月に購入して試験的に使用。
そして2010年用に自作リフィル完成に至った。

しかし、今年も途中で気になるものがあったら、
走ってしまうかも・・・・・・・・

いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。




  1. 2010/01/25(月) 00:00:00|
  2. 手帳術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ペリカン コンバータ | ホーム | トラベラーズノート パスポートサイズ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/589-3f045590
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター