銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

余禄70 人が学ぶイヌの知恵

51DddxPypdL__SL500_AA240_

『人が学ぶイヌの知恵』=林谷秀樹ほか著 (東京農工大学出版会・1470円)

イヌについてとても良くわかるイラスト入りの本だ。
何より、国立大学の出版会がこういう楽しい本を出したということに驚く。

教員の専門性を活かしながら一般の読者にそれを提供する、
という姿勢が見える。まさに社会還元である。
本書では、イヌは人の笑いを真似(まね)する、
叱(しか)られるとあくびをして自分を落ち着かせようとする、
イヌは本当は家族に順位をつけたりしないなど、意外な発見がある。

また、イヌが見せる様々(さまざま)な表現の区別は、
イラストがあってわかりやすい。
まさに、イヌの知恵を人が勉強するための本なのだ。

そんな反面、毎日新聞でこんな記事も出ていた。


犬が教えてくれたこと:ペットブームの残酷


千葉県にある動物愛護センターの収容棟には捨てられたり、
放たれたりした犬たちが多種多様集まるという。
そんな彼らに残された命は5日。

当センターによると千葉県で06年度に捕獲・収容された犬が4,970頭。
飼い主への返還が609頭。
引き取り(処分依頼)2,446頭。
新たな飼い主への譲渡576頭。
殺処分は前年度捕獲の20頭を含め6,251頭にも上る。

5年前に比べて「引き取り」「殺処分」は半数近くまで減少した。という。
理由として「ペットに対する考え方や飼い主のモラル向上が背景にあるのではないか」と
同センターは話しているという。

全国で見ると処分された犬は113,000頭らしい。(環境省)


私は思うのですよ。
映画やドラマで可愛い動物を使わない方が良いのではないか?と。
スクリーンやブラウン管の中で愛嬌を振りまく愛らしい姿を見て
「この動物が欲しい」と、皆さんは思うのでしょ?
そしてペットショップに行って買うわけです。
その日から現実としてその動物との生活が始まる。

思い描いていた可愛いと思うだけの生活とはかけ離れた現実。
命と一緒に暮らすことは容易なことではない。
買ったけど飼えなかった・・・・・古い洒落のようなことで
古着を廃品回収に出すような感じで捨てていく。
また、映画やドラマを見て可愛い動物を見たら欲しくなって・・・・

もう、映画やドラマで動物を使うのはやめたら?

ペットブームの光と陰は切なすぎるコントラストがあるのです。
人はペットを捨てる「言い訳」があるかも知れないが、飼い主を選べない彼らに、
無理矢理命を奪われる「理由」はないのだから。



いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。




  1. 2009/08/17(月) 00:00:00|
  2. 余録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トリトンカフェ オリジナル グラシン紙メモ帳 Billet | ホーム | LAMY pico(銀ピコ) 1周年>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/549-f419bcf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター