銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

LION 携帯朱肉

最近様々なシーンでサイン(署名)することが多い。
捺印をする機会というのは減少して行っている。
しかし、ハンコの国。ここ一番の重要なシーンには印鑑の出番。
しかも、シャチハタに代表されるスタンプ式ではなく朱肉を使うものだ。

事務所等のデスクには必ず朱肉は置いてあるものだが、
いつもいつもそんな場面ではなく、いつ捺印を求められるかわからない。
かと言って大きな朱肉を持ち歩くのもNGだ。

そんなときありがたい小型、超薄型で軽量の朱肉がある。
一見すると小さいポストイットか?と思うようなスタイルだが、
表紙をめくると朱肉がのぞく。

携帯朱肉 携帯朱肉 (1)

大きな実印や職印にも対応できる本格派。
携帯用だからと言って決して気休めではない。

携帯朱肉 (2) 携帯朱肉 (3)

非常に薄いので、手帳等に挟んで持ち歩くことができ、
必要なときには対応できる。

まだこの朱肉にお世話になったことはないのだが、
いつでも捺印できる安心感はある。
実際そんなに捺印を必要とされるほど偉い立場にないので、
私には不要のものかもしれない。

外回りの多い職に就いている方にはお勧め。
朱肉を一枚。手帳に挟んで携帯してみてはいかが?



いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。







  1. 2009/08/31(月) 00:00:00|
  2. 文具雑品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<fILOFAX CLASSIC バイブル :第1章 | ホーム | インク(モンブラン:桜2007)カートリッジ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/543-69919ad3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター