銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

フエキ(不易)糊

フエキ(不易)糊、創業明治19年の老舗だ。

私が子供の頃、フエキ糊に代表されるデンプン糊ばかりだったと記憶している。
チューブ式になる前は軟膏のように糊がケース内に充填してあり、
それをすくい出すヘラまで付属していた。
ほとんどが指で伸ばして貼ったものだ。

01_01_01

「デンプン糊」は優しい糊・・・・
障子張りには家庭用を水に溶かして使用し、
シーツやシャツを洗濯する際、糊をきかせたり・・・・・歳がバレてしまう・・・・

01_01_02

昔は「デンプン糊」の活躍する場は多かった。
そして昭和50年にケースを可愛くした「どうぶつのり」が登場する。

fd_kara_350p

その頃私は中学生くらいだったな?全く覚えていないのだ。
知人に「どうぶつのり」について聞いてみても記憶が定かでない。

子供でもいればまた違ったのかもしれない。

何ともかわいいケースになって・・・・・・

限定生産のカラーが登場してグリーンとイエローを入手。(FD-6)

フエキ糊 フエキ糊 (1) フエキ糊 (2)

糊自体に薄く着色されケースと同色になっている。
さらには甘い香りがする。(昔の独特の香りではなかった)

フエキ糊 (3) フエキ糊 (4)

不易:腐らない
腐らない糊、「不易糊」は120年以上経っても腐るどころか進化をし続けている。

フエキ糊はこちらで。






いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。




  1. 2009/06/18(木) 00:00:00|
  2. 文具雑品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トンボ REPORTER 4 コンパクト | ホーム | タスク・クリップ(BOX)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/515-cb55b80d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター