銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

肥後守定 小刀

これを見て懐かしいと思われた同年代の方も多いのではないだろうか。

肥後守定

肥後守定 (1)

今は鉛筆削りがあり、増して鉛筆を使用する機会の少なくなった若い方には
少々見慣れぬ小刀なのかも知れない。

私が小学生の頃、まだシャープペンシルが世に誕生していない時。
筆箱(ここではペンケースではなくあえて筆箱の表現で)の中に
鉛筆数本とSEEDの消しゴム、そして肥後守定が入っていたものだ。

肥後守定 (2)

肥後守定 (3)


一応1教科に1本の計算で鉛筆を入れてはいるが、
やんちゃ坊主はランドセルも乱暴に取扱い、
授業が始まって筆箱を開けてみると鉛筆の何本かは
芯が折れているということは日常茶飯事だった。

そんな時、休み時間等に鉛筆をこの小刀で削ったものだった。
また、切れ味が悪くなると父親に研いでもらったりもした。
この小刀で竹トンボを作ったり、少々の工作は肥後守定が一手に引き受けてくれた。

肥後守定 (4)

肥後守定 (5)


ひょんな事からこの小刀を2本頂いて職場の机の引き出しに収めている。
何十年経っても変わらぬ姿に触れ、あの頃は今のように便利ではなかったが
よい時代だったなあ・・・・と1人遠い昔を懐かしんでいる。

友の名を呼び暗くなるまで走り回っていた無邪気な頃が懐かしい。
私も歳をとったということなのかな?


いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。




  1. 2009/01/28(水) 00:00:00|
  2. 文具雑品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<BRIT HOUSE ブッテーロレザー バイブルサイズシステム手帳:第3章  (3ヶ月後) | ホーム | 余禄68 仲間に愛され夢追った17年 :第1章>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/483-c87d683e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター