銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

ミドリノート A5横罫

株式会社ミドリは株式会社デザインフィルへ社名を変更しました。と
ホームページでインフォメーションされている。

まだミドリの方がしっくり来るので、このままミドリで紹介させていただきます。
ミドリと言えば昔から紙製品には非常にこだわっているイメージがある。

今回のノートは「文庫」「新書」「A5」と3つのサイズがあり、
それぞれに(横罫)と(無地)が存在する。

MDノート

表紙は見た目優しいアイボリー。
そしてちょっと高級感を演出するパラフィン紙がノートブックをカバーしている。
そして書籍で言う所の「帯」がグレーで高級感ある配色になっている。
その帯の部分に、「書くことにこだわったノート。」と記されている。

MDノート (1)

MDノート (2)

MD用紙と言われる1960年代に日記用に開発された筆記に関して追及した
ミドリ自慢の用紙を採用している。
薄くて書き味がよいばかりではなく滲みや裏写りがないのが大きな特長だ。

MDノート (3)

MDノート (4)

また、コレも書籍のように糸かがりで作ってあり、
ノートブックを広げてもパタリと180度ストレスなく広がり、
筆記する手を邪魔しないようになっている。
1ページは上段下段と分けてあり、1冊176ページ。
352コマとなる。
183ページなら、日記帳として活用できたかも・・・・・・

文庫本サイズや新書サイズで、小説を書くような気分で日記を書いても愉快かも知れない。

数十年にわたりこだわり抜いた用紙を製本技術で、
全く新しい分野としてのノートブックをリリースさせる戦略は、
決して楽ではない紙業界で生き抜くための大きな武器になるだろう。

MDノート (5)


ミドリノートはこちらで。






いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。




  1. 2009/01/21(水) 00:00:00|
  2. 手帳(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<BRIT HOUSE ブッテーロレザー (THE ME)A7手帳カバー:第3章 (3ヶ月後) | ホーム | トンボ スティックのり(消えいろピットほそみ)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/479-f4ae2fb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター