銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

LAMY 2000 4pen: 第3章(3周年)

「石の上にも3年」と言うように物事の区切りの期間として3年はよく用いられる。
LAMY 2000 4penも私の元に来て早3年が経過した。
毎日、手帳にメモ書きにと握らない日がないくらいに使っている。
新品当時艶消しの炭のような漆黒のボディーもヘアラインは少し薄くなり、
艶すら出てきている。

LAMY 2000 4pen 2年半 (1) LAMY 2000 4pen 2年半 (2)

LAMY 2000 4pen 2年半 (4) LAMY 2000 4pen 2年半 (7)

しかし1日何十回とノックしてリフィルを出し入れしているが、「チャリッ」という音と、
ボディーを回転させた際に発する「カチカチ」というハンマー音は3年前と変わりない。
ノック式ボールペン、特にマルチペンの構造で一番複雑で故障の多い部分である、
ノックメカニカルのトラブルもなくなんの不具合もない。
この小さなマルチペンに収められている心臓部の耐久力の高さを思い知らされる。

ペンのクリップ部のバネに「板バネ」が多く採用されている中、
あえてコストのかかる「コイルバネ」を使用してみたり、
目に見えない、目立たない部分に丁寧な仕事を施している。
そんなことから分解して確認こそしていないがリフィルを送り出すシステムも
単純ではあるがあらゆる状況でも4色のリフィルを送り出すために
十分な強度と上品な感触を与えるに必要な技術とコストが注がれているのだろうと
想像する。

LAMY 4pen分解  LAMY 4pen分解 (1)  LAMY 4pen分解 (2)

これらの技術と妥協なき設計が、名器を名器たる物にしているのだろう。

LAMY 2000 4pen はこちらで。










いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。




  1. 2008/11/21(金) 00:00:00|
  2. LAMY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トラベラーズノート 2009年マンスリー (自作篇) | ホーム | A7ハンディーノートブック(100均)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/456-25f386fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター