銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

uni KURU TOGA(クルトガ) 0.3

クルトガシャープペンシル01

三菱鉛筆からリリースされてからというもの、
文具店やWebショップでも品薄状態が続き、文具に関心を持つ多くの同志が
ホームページやblogでこのペンシルについて紹介している。

uni KURUTOGA0.3

これはシャープペンシルの革命だ。
その革命児の名は「KURU TOGA」クルトガという。
「くるっと回って尖る」からだそうだ。

uni KURUTOGA0.3 (1)

私も発売以来非常に関心を寄せていたもののなかなか購入の機会に
恵まれなかったがようやく手にすることができた。

文字を書く時に起こる芯の摩耗。
それによる片減りに影響される文字太さの変化。
それを防ぐためにある程度筆記するとペンを回し芯の尖った部分で記入する作業を
このクルトガが解消したのだ。

クルトガエンジンと言われるそのメカニズムはこうだ。

芯を固定する円盤が80gの筆圧で上下にわずかに移動する。
そしてその円盤の外側とその円盤を挟むところにもギアが刻まれている。
つまり、ギアでサンドイッチされた円盤という感じだ。

uni KURUTOGA0.3 (2)

uni KURUTOGA0.3 (5)

そのギアはそれぞれが小さなズレを持って配されている。
歯の数は40枚つまり40回の上下運動で円盤が1回転する。
(つまり芯が1回転する)
1回の上下は80gの圧力で発生するから
文字の1画で9度右に回転することになる。40画で芯は1回転して元に戻る。

これにより、芯は常に尖った状態を維持でき同じ太さで文字を書くことができる。
このクルトガエンジンをペン先部分に配し透明のボディーから黄色い円盤が
(0.3mmにより円盤は黄色)視認でき、円盤に2つ描かれたクルトガのマークが
回転するというニクイ演出をしている。

uni KURUTOGA0.3 (7)

私は0.3mmを購入したが、0.5mmの方がこのエンジンの効果を体感できるだろう。
この演出以上にニクイのが価格設定だ。\450-(税抜き)という低価格で
学生にも使いやすくしてある。

三菱鉛筆はここから。





いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。




  1. 2008/10/24(金) 00:00:00|
  2. ペン(ペンシル)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<余禄62 国産旅客機MRJ飛翔:第1章 | ホーム | リフィル(OHTO ニードルポイント篇)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/444-8bd7a04b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター