銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

余禄61 高齢者医療論

色々な所で物議をかもしている「高齢者医療制度」だが、
つい先日、桝添厚労相が廃止も視野にという発言でさらに不安が広がった。
高齢者医療を考える上で最も大切なことは、
「その場で老いて病気を持ちやがて死んでいく、そのことに対する安心感」と考える。

病気になること、死ぬことは生きていればやがて訪れるものだが、
そこに安心感というのが必要なのだ。

現代医療は1人の患者(人間)を複数の専門医が細切れに診る。
めまいがすれば、脳のMRI。頸動脈のエコー。頸椎も調べましょう・・・・・・
散々検査して何もなかった。

これなら医療費がいくらあっても足りない。

この国の医療制度は検査をいっぱいやっても病気を見つけられない
「ヤブ医者」が儲かる制度というのが良くない。

また、高価な医療機器を備えた大病院は検査の乱発で医療費を稼ぎ
経営効率を上げようとする。



「高齢者医療制度はそれらを断ち切ることができる」
もちろん高齢者医療費抑制のためあまりに無神経な手法はいただけないが。
かかりつけ医が気心の知れた患者をトータルに診る。
救急医療や特殊な医療は病院が引き受けるという役割を
分担し安心できる地域医療が求められるのだ。

と、開業医の先生は発言している。
しかし、この意見、開業医師の算盤が少々見え隠れする。

7月10日に厚労省のプロジェクトチームが発表した、
「認知症に関する報告書」には、失望させられた。
高度な医療機器を必要とするガンならともかく認知症まで専門中核病院方式
というのはどうなのだろう。
そのために施設を全国に整備するという。
大病院中心主義のハコ物行政にどっぷりつかって医療費抑制もないだろう。

そしてその施設に勤務する介護職員の給料はあまりにも安価。
人手が足りない(当然だろう)から、海外から看護・介護職員を
安価で採用する。

これで安心感を持てというのはいかがなものか。

いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。




  1. 2008/10/13(月) 00:00:00|
  2. 余録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<BRIT HOUSE ブッテーロレザー バイブルサイズシステム手帳:第2章 | ホーム | Lapita 特性ミニ万年筆>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/438-d68a9ded
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター