銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

銀狐の手帳術:第18章 第1節 (手帳術最終案)

今年に入ってからずっと考えていた自分にあった手帳術。
やっと自分なりの解答を得た。

まずリフィルの統一を考える。

会議等の資料はA4が主。
「超」整理手帳はA4四つ折りとなっているため、二つ折りのA5を採用。
つまり、A5システム手帳を利用しそのまま必要書類を綴じることができるようにする。

データの収集、備忘録。
常時携帯する手帳、メモ帳はA7サイズ。

そして、メインの自己管理は本来ならば、A5サイズ・・・・・
と言いたいところだが、あえてバイブルサイズとした。

記入容量と携帯するサイズ、重量。微妙なバランスなのだが
過去自分の行動を管理するのにA5サイズリフィルが真っ黒になってしまうほど
書き込むということはさほど多くなかった。
そこで、容量を減らして携帯性を重視し、バイブルサイズを採用した。

万一バイブルサイズで書ききらない時は別のフリーリフィルに
記入し綴じてしまえば事足りるのだ。

さらに、身体歴ではないが実施中のレコーディングダイエットに
もう少し自分の体についてメモできる手帳を作成した。
レコーディングダイエットはトラベラーズノートに記入しているが、
ブログのことも含めプライベートのことを全てゴチャゴチャと記入しているため、
身体のことは別にバイブルサイズシステム手帳に記録することにした。
専用リフィルはオリジナルで自作した。

具体的内容は第2節で。



いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。



  1. 2008/09/19(金) 00:00:00|
  2. 手帳術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<余禄58 国力論(経済ナショナリズムの系譜):第1章 | ホーム | BRIT HOUSE ブッテーロレザー (THE ME)A7手帳カバー:第2章>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/427-177f073c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター