銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

BRIT HOUSE ブッテーロレザー (THE ME)A7手帳カバー:第1章

A7手帳カバーを利用するようになり、手帳カバーは前述の
PDAケースを使っていたのだが、ちょっと良い物はないかと・・・・・・

メーカー、ブランドにはこだわらず、上質の革手帳カバーをずっと探していた。
A6程度となると様々なカバーがリリースされているが、
A7はRHODIA No11用であったりとなかなか2冊(ダイアリー+ノ11サイズメモ)
をまとめて収納できる物は少なく・・・・・・

THE ME sumple

BRIT HOUSE(ブリットハウス)のガラスレザー、グレインレザー
そしてブッテーロ(トスカーナ)の3タイプが候補となった。

THE ME sumple (1)
ガラスレザー
THE ME sumple (12)
グレインレザー
THE ME sumple (14)
ブッテーロ

中でもブッテーロレザーの手帳カバーは少々値も高いが、
購入者のコメントを読んでみるとなかなかの好評で、
手触りがよいとの声も多く、テンションは嫌でも上がっていく。
BRIT HOUSEの手帳カバーはほとんどが定価で販売されており
どこで購入しても同じだ。

しかし、そこは関西人の私。
値引きがなければおまけで・・・・・勝負!
「気分転館」はなんとRHODIA No11が2冊プレゼントで付いてくる。一発決定!
小物なので派手にオレンジをチョイス!
一緒にシステム手帳も購入した。
(システム手帳については追ってご紹介します)

丁寧な梱包を開けると、鮮やかなオレンジのケースにそれは収められていた。
もちろんオマケのRHODIA No11 2冊もいっしょに。
THE ME A7
THE ME A7 (1)

BRIT HOUSE(ブリットハウス)はここで手に入ります。






いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。




  1. 2008/09/10(水) 00:00:00|
  2. 手帳(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鉄人メモ帳:第2章 (アイデアメモ化) | ホーム | 余禄57 活性酸素除去の新たな仕組み発見>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/423-d777e69b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター