銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

余禄57 活性酸素除去の新たな仕組み発見

発ガンや老化など有害な作用を持つ「活性酸素」を、
生物が除去する新たな仕組みを、産業技術総合研究所関西センター
(大阪府池田市)などのチームが見つけた。

将来、老化を遅らせる薬などの開発につながる可能性もあるという。
同センターの中村努主任研究員と大阪大大学院工学研究科の井上豪教授らは、
微生物の一種「古細菌」が活性酸素除去に使うタンパク質を結晶として取り出した。
この結晶に、活性酸素の一種である「過酸化水素」を加えた。
活性酸素の分解過程で、どのような物質が生じているかを詳細に調べるため、
反応後の時間を少しずつ変え、マイナス190度で凍結。
反応が進まないようにして分析した。

その結果、「スルフラン誘導体」という硫黄化合物が見つかった。
従来は除去に関係しないと考えられていた物質で、
活性酸素を除去する新しい仕組みという。

中村研究員によると、古細菌のタンパク質に似たタンパク質は人体にもある。
反応を詳細に研究すれば、老化を遅らせる薬の開発につながると見られる。
硫黄化合物の新たな合成法を開発できる可能性もあるという。

いたずらに老化を遅らせるという考え方に関しては倫理上の問題等
今後様々な観点からの議論は必要だ。
技術や開発は素晴らしいことだが、人類はそこまでの力を持っても良いのだろうか?
一抹の不安を抱える・・・・・

米国アカデミー紀要より抜粋


いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2008/09/08(月) 00:00:00|
  2. 余録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<BRIT HOUSE ブッテーロレザー (THE ME)A7手帳カバー:第1章 | ホーム | 銀狐の手帳術:第17章 A7手帳の活用>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/422-727cccb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター