銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

銀狐の手帳術:第17章 A7手帳の活用

手帳活用術を模索して早くも半年以上が経過した。
過去の手帳術を白紙にしてあれこれ考えるうち、
常に携行する手帳に最も情報が集まってくることに気付く。

職場で携行しているのはA7サイズの手帳だ。

業者が毎年末にくれる小型版の手帳だが、
そのダイアリーには様々な情報を記入し、共に持つサンノートA7メモ帳には
ちょっとしたメモ書きを記したりしている。

机にはバイブルサイズのシステム手帳と「超」整理手帳があり、
それら情報を転記している。
もちろん会議等あらかじめ日程の分かっている予定に関しては、
最初からシステム手帳等に記入している。

そこで、A7手帳に関して役割を整理することとした。
とは言っても、「さっと取り出してさっと記入」。
これだけで備忘録から様々な予約、予定。
さらには患者様の容態(撮影の必要性、使用薬剤の見当がつけられる)
も、記入している。

これら職場の手帳がA7になった経緯は以前に記入しているとおりだ。

そこで、ダイアリーとサンノートを1つにまとめるA7手帳カバー(前述)を使用していたが、
ブリットハウスのブッテーロレザーを使用した手帳カバーが
昨年から気になっていたのでこれを機に購入することにした。

いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。



  1. 2008/09/05(金) 00:00:00|
  2. 手帳術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<余禄57 活性酸素除去の新たな仕組み発見 | ホーム | トンボ REPORTER3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/421-0a440214
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター