銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

余禄54 姦吏(かんり)を殺して「せんたく」する

坂本龍馬の名台詞。
「日本を今一度せんたくいたし申候」は、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」には出てこない。
文久3(1863)年、国元の姉乙女に送った手紙の一節で、
現在は京都国立博物館に収められている。

この歳、長州藩は下関航行中の外国船を砲撃し、米・仏艦隊にコテンパンにやられる。
被弾した外国船の修理を幕府が請け負い再び前線に送っていた。
それを知った龍馬が怒り心頭に発して書く。
「是皆姦吏(不正な役人)の夷人(外国人)と内通いたし候ものにて」
「姦吏を一時に軍(いくさ)して打殺、日本を今一度せんたくいたし申候」

作中に龍馬の数々の手紙を織り込んだ司馬がこれに触れなかったのは何故か?

龍馬関係文書に詳しい幕末史家、木村幸比古(さちひこ)の推理が面白い。
「新聞連載中の1960年代は学生運動の高揚期。
国家転覆を煽る過激な発言を避けたのではないでしょうか」
司馬の真意はともかく、「日本をせんたく(洗濯)する」というメッセージには
ユーモラスは表現とは裏腹に強烈な攘夷(じょうい)(排外)感情と
官僚批判が込められている。

嘉永6(1853)年のペリーの浦賀来航から明治維新まで15年。
今年は政権腐敗と改革の激震で、非自民・細川政権が誕生した1993年
政変から15年にあたる。

平成維新はどこまで・・・・・・・・


いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。



  1. 2008/08/18(月) 00:00:00|
  2. 余録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<サンノート A6方眼メモ | ホーム | フランクリンプランナー(バインダーバンド)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/413-68a35b2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター