銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

余禄51 日本人の脳に主語は要らない :第1章 (虫の音を「言語と思考の左脳」で聞く謎)

516rb4W5qmL__SL500_AA240_

日本人の脳に主語は要らない 
(虫の音を「言語と思考の左脳」で聞く謎)

月本 洋著(講談社 選書メチエ)


日本語の主語を表す「は」と「が」はどうちがうかや、
主語の意識が乏しいのは何故かと様々なところでさまざまな論議が交わされてきたらしい。

中心が空虚であることを好む日本人。
言語の核となる主語が謎に包まれている日本語。

この2つは同根かと思っていたが・・・・・・・


この本によると、前者はともかく後者の謎については脳科学から説明が付くという。
主語がなくても平気な日本人と主語無しには文が始まらない欧米人の脳そのものに差はないが、
脳が外から入ってきた言葉の情報を処理する際に差が出る。
右脳と左脳の働きの違いについて、角田忠信氏の説は聞いたことがあるだろう。

日本人と欧米人ではせせらぎや虫などの自然界の微妙な音の処理をする脳の部位が異なる。
日本人・・・・・・・言語や思考を司る左脳。
欧米人・・・・・・・感覚や直感を司る右脳。で行うのだ。

そのせいで、欧米人の感覚に敏感な右脳には自然界のランダムな音など、
非音楽的な雑音にしか聞こえないと。

著者の新しい説の眼目も、左脳と右脳の働きの違いにある。
本の冒頭に実験のカラー写真が載っていて日本人とアメリカ人の脳が
「母音`あ``a`」「こおろぎの鳴き声」「フルート」「バイオリン」の4音を聞いた時
どの部分が反応を示したかを示す。

「フルート」と「バイオリン」の音には欧米人も日本人も右脳で反応している。
ところが、「母音」と「こおろぎ」については、欧米人は右脳なのに日本人が左脳。
欧米人は4つの音とも右だったのに、日本人は「あ」と「虫の音」の2つは左でとらえる。

「母音」「虫の音」もなぜか言語の思考の左脳である。
直感的にはとらえていないと言うことになる。


お気に召せば、ポチと一押し!




  1. 2008/07/28(月) 00:00:00|
  2. 余録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<定規 :第2章 | ホーム | LAMY pico(銀ピコ)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/406-21ca43cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター