銀狐の文具稲荷

-文房具を覆う表現を剥がし愛情を込めて丁寧に貼り付けた簡素な艸菴- (Since 2007-01-04)

LAMY pico(銀ピコ)

ちょっとした不注意で赤picoを紛失してしまった。
最近使用していなかったので、まあ良いか・・・・・・とも思ったのだが、
やっぱりダメだ。
私をLAMYファンにしてくれたボールペン。
これがないとどうも落ち着かない。

そこで、また購入することにした。
LAMY Pico 2代目 (3)

赤ピコも良かったのだが、今回は銀ピコで。

人気はクロムタイプ(安価だし)らしいが、あえてマットクロムを購入。
(何でも斜に構えるひねくれた性格は治っていない)

赤ピコの時、ケースは正方形の物で、その中に正方形の対角に
本体が収まっていたのだが、今回は、長いタイプの物だった。
プラスチック製で2000シリーズでも収納できるくらいだ。
ただ、2000シリーズはアルミ製だったが。

プラスチックケースはシルバーと黒のコンビで高級感がある。
LAMY Pico 2代目 (4)

箱を開けると愛くるしい本体が横たわっている。
LAMY Pico 2代目 (2)

LAMY Pico 2代目 (7)

手に取りあれこれ眺めてからノックをする。

「パシュッ」と音を立ててペン先が出ると同時にペン自体が伸びる。
これだけで、「picoを持っている」という満たされた幸せな気分になれる。

LAMY Pico 2代目 (12)

LAMY Pico 2代目 (10)

LAMY Pico 2代目 (13)

LAMY Pico 2代目 (14)

ハゲハゲになるまで使うぞ。

LAMY picoはこちらで。










いつもありがとうございます。
あなたのクリックが、更新のはげみになります。





  1. 2008/07/25(金) 00:00:00|
  2. LAMY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<余禄51 日本人の脳に主語は要らない :第1章 (虫の音を「言語と思考の左脳」で聞く謎) | ホーム | 定規 :第1章>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunguinari.blog87.fc2.com/tb.php/405-b9f061c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀狐

Author:銀狐
雲の近くで紙と筆。本と工藝。
旅・食・美・創・観に魅せられ
鳥・虫・石・艸・風と交わり 閑暇を纏う。

強烈な文具好き。
LAMYとrotringの熱烈な信者であり、
montblancに憧れ、pelikanを愛し、
moleskineを人生のパートナーに迎え、
RHODIAを愛人にして、
Rollbahnと浮き名を流す。

burlingtonにトラベラーズノートと
ファーバーカステルを詰め、
PerkerとfILOFAXを広げた所が書斎。

カテゴリー

ブログ内検索

フリーエリア

                                                                                                                                  ----- キリトリ ------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ----- キリトリ ------

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


無料カウンター